一流に学ぶ 名字の言

「アンパンマン」の原作者・やなせたかし氏の生誕100周年

投稿日:2019年7月2日 更新日:

 本年は「アンパンマン」の原作者・やなせたかし氏の生誕100周年。
これを記念した最新作の映画が劇場公開されている。

氏は30代で漫画家としてデビューしたが、ヒット作に恵まれず、焦燥の日々が続いた。
50歳で「アンパンマン」を描き始め、子ども向けに絵本化もされたが当初の評判は散々。
この時、あらためて「自分は何のために生きるのか」を真剣に考えた。

“人を喜ばせることだ”
と思い至った時、気が楽になり、ペンを握る手に再び力がこもった。

そして69歳の時、アニメ化された「アンパンマン」が爆発的な人気に。国民的作品を生んだ氏は言った。
「あきらめないでひとつのことを思いを込めてやり続けていると、ちゃんと席が空いて、出番がやってくる」
(『やなせたかし 明日をひらく言葉』PHP研究所)

何事も、最初から、うまくいく人などいない。
努力を重ねても、なかなか思うようにいかないのが現実だろう。
そんな時は、浮き足立たずに「何のため」という原点に立ち返る。

心新たに、再び行動を開始する。何度も決意し、何度も挑戦を繰り返す中で人生の活路は開かれる。
池田先生は「“遠回り”のようでも、着実に力をつけ、自分を磨きぬくのが、人生の勝利者の道です」と。
忍耐強く挑む人が、最後に勝つ人である。(差)

-一流に学ぶ, 名字の言
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

 “若返りの酵素”を発見――長くなった人生を、どう充実したものにしていくか

 “若返りの酵素”を発見―― 先月、こんなニュースが注目を集めた。 ある研究で、若いマウスの血液に含まれる特定の酵素を老齢のマウスに注射すると、身体活動が活発になり、寿命が延びる等の効果が確認されたと …

no image

東京駅開業100周年【名字の言】[2014年 3月24日聖教新聞掲載]

1914年(大正3年)に東京駅が開業して100年。一昨年、戦災で焼失した部分の復元工事を終えた「ドーム型屋根の赤れんが駅舎」は、新たな観光スポットとなっている ▼〝赤れんがの壁面にドーム型屋根の建物〟 …

no image

 「〇〇寿司」と「〇〇鮨」。どちらの店が高級そうに思えるだろうか? 

 「〇〇寿司」と「〇〇鮨」。どちらの店が高級そうに思えるだろうか?  ほとんどの人が後者を選ぶという。「寿司」の方は“庶民的で身近に感じる”との声も 小学生に「シュンソク」の漢字を問うと、大半が「瞬足 …

no image

牧口初代会長の「殉教70年」【名字の言】20140930聖教新聞掲載

 「いつも大切に持ち歩いているものがあるんです」。こう言って、世界的な絵本画家のワイルドスミス氏がポケットから取り出したのは、子ども用のばんそうこうだった▼氏のサイン会に来た女の子から、サインのお礼に …

no image

【決意のすごさ】本田圭佑の卒業文集に学ぶ-15年をかけて夢を実現-

セリエA ACミラン―サッスオーロ (1月12日)  10日付のイタリア地元各紙は、前日にACミランオーナーのシルビオ・ベルルスコーニ氏の次女、バルバラ・ベルルスコーニ副会長(29)と初対面した様子な …