激闘

「心の師とはなるとも心を師とすべからず」激闘28 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月23日 更新日:

五月十三日、山本伸一は九州に飛んだ。

 ”日本全国をくまなく回り、一人でも多くの同志と会って励まさねばならぬ!”

 宗門の悪侶による学会誹謗に、苦しんでいる会員のことを思うと、伸一の胸は激しく痛むのであった。

 鹿児島県の九州研修道場に到着した伸一は、翌十四日、構内を視察しながら、九州の幹部や研修道場の職員らを激励した。

 夜には、春季研修会として開催された、広島県の壮年・婦人の指導部、東京・台東区の各部代表の合同研修会に出席した。

 彼は、勤行の導師を務めたあと、「」の「各各我が弟子たらん者は深く此の由を存ぜよ設い身命に及ぶとも退転すること莫れ」から、「互につねに・いゐあわせてひまもなく後世ねがわせ給い候へ」(御書九六五ページ)を拝して指導していった。

 この御書は、文永十一年(一二七四年)の一月十四日に、大聖人が佐渡で認められ、富木常忍、四条金吾をはじめ、弟子一同に与えられている。当時、大聖人に従う者は強く戒める旨の、偽の御教書が出されるなど、迫害は一段と激しさを増していたのである。

 そのなかで大聖人は、たとえ大難を受け、命に及ぶようなことがあったとしても、絶対に退転してはならないと、弟子たちに呼びかけられている。そして、何があっても、皆が信心を貫いていくために、「互につねに・いゐあわせてひまもなく後世ねがわせ給い候へ」と指導されたのである。

 伸一は、力を込めて訴えた。

 「人間は、一人になってしまうと弱い。ましてや、迫害のなかでは、恐れを感じ、自分の弱い心に引きずられ、次第に信心を後退させていってしまう。つまり、『臆病』という自分の心が、師匠になってしまうんです。

 ゆえに大聖人は、『心の師とはなるとも心を師とすべからず』(同八九二ページ)との経文をあげて、自分を正しい信心へと導く”心の師”の大切さを述べられています。仏道修行には、師匠が、また、同志が必要なんです」

-激闘
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「信心の実証を示してこそ、個人指導が完結」激闘19 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、第三代会長に就任した一九六〇年(昭和三十五年)五月三日の本部総会の席上、大発展を遂げた文京支部は、三支部に分割された。 この時、金田都留子は、文京支部の常任委員から、新設された新宿支部の婦 …

no image

「広宣流布の大師匠が誕生するのだ。弟子として」激闘18 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、地方指導にも喜々として参加した。山本伸一らと共に、静岡県藤枝方面の指導に行ったこともあった。 地元の幹部から、闘病中の会員がいることを聞いた伸一は、早速、翌朝には訪問し、激励した。 包み …

no image

『水すめば月うつる』-清らかな信心 激闘17 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、車中、金田都留子たちに、「日厳尼御前御返事」を講義し始めた。 「ここで、『叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず』(御書一二六二p)と大聖人が仰せのように、願いが叶うか叶わな …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

「喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある」激闘7 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、記者たちに、困難や苦労に立ち向かうことの大切さを語っていった。  「苦闘は、人間として大成していくうえで、必要不可欠です。それが、いかなる逆境にも負けない雑草のような強さを培っていくから …