激闘

「我もいたし人をも教化候へ」激闘29 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:

学会員は皆、崇高な地涌の使命をもち、日蓮大聖人の御遺命である広宣流布を実現するために、創価の旗のもとに集った尊き勇者である――なればこそ山本伸一は、いかなる試練が競い起ころうが、一人たりとも、脱落させたくなかった。

 ゆえに彼は、皆が強盛な信心を全うしていくうえで、学会の組織がいかに重要であるかを訴えていったのである。

 「信心を学び、勇気をもって実践していくには、人間対人間の触発、啓発が不可欠です。同志が集い合っては、仏法の教えを語り合い、確認し合っていく。それによって、〝よし、頑張るぞ!〟と決意し、新しい挑戦の歩みを踏み出すことができる。

 もともと『僧』という言葉自体が、仏になるための修行をする人びとの集団である『僧伽』(サンスクリットのサンガの音訳)の略であり、後に、個々の修行者のことも僧というようになった。つまり、本来、仏道修行は単独で行うものではなかったのであります。

 成仏のためには、善知識といって、仏道へと自分を導き、励ましてくれる人の存在が必要なんです。その切磋琢磨し合う姿を、大聖人は『互につねに・いゐあわせて』(御書九六五㌻)と言われているんです。

 この通りに実践しているのが、学会の組織です。その組織のなかにあって、『ひまもなく後世ねがわせ給い候へ』(同)――怠りなく修行に励み、三世永遠の幸福を願い、広宣流布の誓願に生き抜くことが大事なんです」

 日蓮仏法は、自分だけが題目を唱えることをもってよしとするのではない。「我もいたし人をも教化候へ」(同一三六一㌻)と仰せのように、自身が信心に励むだけでなく、人にも仏法を教える「自行化他」をもって、仏道修行の基本としている。

 人を教化するならば、信・行・学を教え、励まし、育成する人の連帯、組織がなくてはならない。したがって、日蓮仏法の修行では、和合僧、すなわち信心錬磨の組織が極めて重要な意味をもつのである。

-激闘
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となる。激闘12 小説「新・人間革命」27巻

座談会場では、凜とした気品を漂わせた和服姿の婦人が、宗教の教えには、高低浅深があることを訴えていた。 文京支部長の田岡治子であった。 「人は、信じる対象によって大きな影響を受けます。 詐欺師を立派な人 …

no image

『日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず』激闘33 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の十軍についての説明に、研修会参加者は目を輝かせて聴き入っていた。  「第五の『睡眠』は、睡魔のことです。たとえば“唱題しよう”“御書を学ぼう”とすると、眠気が襲ってくるという方もいると思い …

no image

一生成仏をめざして仏道修行していくこと激闘34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一の指導は、具体的であった。  研修会メンバーは、わが身にあてはめ、時に大きく頷き、時に苦笑しながら、伸一の話に耳を傾けていた。  「怒りの心は、それ自体が悪いというのではありません。悪事に対し …

no image

信仰の強さは、苦難をうける覚悟。激闘36 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、朗々と、「富木殿御返事」の一節を拝していった。  「『但生涯本より思い切て候今に飜返ること無く其の上又遺恨無し諸の悪人は又善知識なり』(御書九六二ページ)  戸田先生が第二代会長に就任さ …

no image

〝今に見よ!〟との一念で、一生成仏の坂道を!激闘27 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、次のように話を結んだ。  「いかなる試練があろうとも、そのなかで苦労を重ね、同志を守り、仏道修行に励み抜いた人は、最後は必ず勝ちます。試練というのは、自分を磨き抜き、大きく飛躍していくため …