社説

【防災対策】東日本大震災の影響で大規模地震や火山噴火を誘発-社説20120412

投稿日:2012年4月12日 更新日:

各家庭で具体的な防災対策を

 東日本大震災以降、人々の防災意識は格段に高まっている。この1年、各地では防災・避難訓練などが積極的に行われてきた。量販店やネット通販でも多くの防災用品がそろっており、日常的に「防災」に取り組む環境が整っている。

 その上で、実際に一人一人が対策を講じているかどうかがポイントだ。最近の調査では、震災後、地震対策を「特に新たに行ったことはない」人が35・8%に上った地域もある。防災に対する意識が高まっていても、行動に結び付いていないのが実情ではないだろうか。

 政府の防災対策推進検討会議の中間報告でも確認されたが、今後30年間で地震が発生する確率は、南海トラフ(駿河湾から九州沖に達するプレート境界)の巨大地震で60~80%、首都直下地震は70%。また、東日本大震災によって日本列島は大きく変化しており、他の大規模地震や火山噴火を誘発する恐れもあるという。新たな震災の脅威は迫っている。気を引き締めて大地震や災害への備えを万全にしたい。

 身近なところでいえば、「家族防災会議」を開いておくことが望まれる。防災会議そのものが家族の防災意識を高め、わが子への防災教育にもなる。①自宅の耐震化、家具の転倒防止対策②震災時にどの避難場所で再会するか③非常用品の置き場所――などを確認しておきたい。

 本紙3月12日付「暮らしのアンテナ」はテーマが「防災」。ここでは家族で話し合った独自の防災マニュアルの用意を呼び掛けている。

 また、非常時の持ち出し品として、1次避難(災害発生時)、2次避難(一時的な暮らし)、3次避難(長期の被災生活)の3段階を想定した準備が推奨され、必要な物品も最近は100円ショップでおおよその物が調達できるという。

 こうした防災の話を近隣や友人と共有し、情報交換することも大切だ。対話を通してさまざまな知恵が出てくれば、防災への取り組みも一段と充実する。

 日蓮大聖人は門下の四条金吾に対して「かまへて・かまへて御用心候べし」(御書1133ページ)等々、繰り返し細心の注意を呼び掛けておられる。

 信心しているからこそ、最大限に知恵を発揮し、いざという時のために率先して行動していきたい。まずは、わが家庭で具体的な防災対策ができているか――今一度、互いに確認しよう。

2012年4月12日

-社説
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

2022・2・16 きょう日蓮大聖人 御聖誕満800年

誓願の御生涯を鑑に勝利劇を  今年のNHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」。鎌倉幕府の執権・北条義時の一代記を描いている。  彼の晩年、後鳥羽上皇は幕府を朝廷の支配下に置くべく、義時追討の命を下す。「承 …

no image

季節の変わり目の体調管理【社説】健康第一で使命の道を歩もう[2014年 3月24日聖教新聞掲載]

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるが、まだ寒暖の差が激しい日も少なくない。季節の変わり目は体調を崩しやすい。「うがい・手洗いの励行」をはじめ、出掛ける際は気象情報を参考に上着を持っていくなど、一層の注意 …

no image

9月23日は少年少女部の日 子どもの「生きる力」を育もう【社説】

 「『ありのまま』に悩み、祈り、また胸をはって挑戦していく――そうすることで、自分の心がみがかれる。心の中の宝物が光っていく。きみの、あなたの『いいところ』が、必ず見えてくるのです」――池田名誉会長は …

no image

〈社説〉 きょう白蓮グループの日 2019年7月8日

〈社説〉 きょう白蓮グループの日 2019年7月8日 自身の舞台で“使命の華”を爛漫と  女子部・池田華陽会の先頭を走る白蓮グループがきょう8日、「グループの日」を迎えた。  1957年(昭和32年) …

no image

〈社説〉 2020・1・19 きょう「未来部の日」

〈社説〉 2020・1・19 きょう「未来部の日」 2020年1月19日 励ましの第一歩をしるそう  本紙に連載中の「若者のイマとコレから」で、若者マーケッターの藤本耕平氏は、若者のモノ選びの基準が「 …