健康

ノロウイルス〈今、気を付けたい この症状〉2次感染予防法、消毒液の作り方等

投稿日:2013年12月20日 更新日:

〈今、気を付けたい この症状〉 

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、毎年、冬季を中心に流行します。今回は、ノロウイルスの対策についてまとめました。

[colored_box color=”gray” corner=”r”]2月までが多発する時期[/colored_box]

毎年、ノロウイルスによる感染性胃腸炎は多数発生していますが、その約7割が11月から2月に集中しています。

今季も感染する人が増えています。まずは予防に努めましょう。予防のポイントとして、次の3点が挙げられます。

①「手洗い」をしっかりと
2-1_2

特に「食事前」「トイレの後」「調理の前後」のタイミングが大切です。せっけんでよく洗い、流水で十分に流しましょう。

 

 

②「人からの感染」を防ぐ

家庭内でノロウイルス感染が発生した場合、感染した人からの2次感染に気を付けてください。2次感染の予防については、後述します。

③「食品からの感染」を防ぐ

・加熱して食べる食材は、中心部までしっかりと加熱する

・調理器具や調理台は消毒して、いつも清潔にする

まな板、包丁、食器、ふきんなどは、使用後すぐに洗いましょう。85度以上のお湯で1分以上加熱すると効果的です。

[colored_box color=”gray” corner=”r”]人からの2次感染を防ぐ[/colored_box]

感染者が出た場合、2次感染を予防するため、以下のことを参考にしてください。

●感染者の嘔吐物やふん便の処理

使い捨てのエプロン、マスク、手袋を着用し、ペーパータオル等で静かに拭き取ります。さらに「0・1%消毒液」(次亜塩素酸ナトリウム溶液、作り方はイラスト参照)で浸すように床を拭き、その後、水拭きをします。

おむつ等は速やかに閉じて、ふん便等を包み込みます。おむつや拭き取りに使用したペーパータオルなどは、ビニール袋に密閉して廃棄してください。

ノロウイルスは乾燥すると簡単に空気中を漂い、口に入って感染することがあります。嘔吐物やふん便は速やかに、確実に処理することが重要です。

●嘔吐物やふん便が、衣類や布団に付着した場合

まず付着した汚物中のウイルスが飛び散らないよう、前述の内容を参考に処理した後、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いします。その際、しぶきを吸い込まないよう注意します。

熱水洗濯が行える洗濯機があれば、消毒のため、85度で1分間以上の熱水洗濯をしてください。

熱水洗濯ができない場合は、「0・1%」で消毒します。その際、十分にすすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果が高まります。

●感染者が使用した食器類の消毒

食器等は、すぐに0・1%消毒液に十分浸し、消毒します。また、嘔吐後にうがいをした場所なども0・02%(作り方はイラスト参照)で消毒後、洗剤を使って掃除しましょう。

●その他

ノロウイルスは感染力が強く、感染者が触れたドアノブ、カーテン、布団、日用品などに付着する可能性があります。

感染者が発生し、それらの消毒が必要と感じた場合は、0・02%消毒液を使用してください。

ただし次亜塩素酸ナトリウムには、体への危険(塩素ガスが発生する)や金属の腐食を進ませる性質があります。使用時は十分な換気を行う、十分に薄める、使用後は拭き取るなど、注意して使いましょう。

予防のために
①「手洗い」をしっかりと
②「人からの感染」を防ぐ
③「食品からの感染」を防ぐ

[colored_box color=”gray” corner=”r”]高齢者と子どもは特に注意[/colored_box]

ノロウイルスは、感染から24~48時間後に発症するといわれています。主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、37度台の発熱などです。

通常、これらの症状が1、2日ほど続いた後、自然に治癒し、後遺症もありません。感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状で終わることもあります。

ただし高齢者や子どもでは、重症化したり、嘔吐物が喉に詰まったりして生命に危険が及ぶこともあるので、特に注意が必要です。

感染が疑われた時は、かかりつけの医師や最寄りの保健所等に相談してください。(厚生労働省・内閣広報室ホームページなどを参照しました)

消毒液の作り方

【0.1%消毒液】

3-1①500ミリリットルのペットボトルに、水を半分くらい入れておく

②塩素系漂白剤(濃度5%の場合)10ミリリットルを加える

③水を加えて、全体を500ミリリットルにする

④ふたをして、よく振って混ぜる

【0.02%消毒液】

①2リットルのペットボトルに水を半分くらい入れておく

②塩素系漂白剤(濃度5%の場合)10ミリリットルを加える

③水を加えて、全体を2リットルにする

④ふたをして、よく振って混ぜる

【消毒液を使用する時の注意点】

・使用の際は、換気を十分に行う

・ビニール手袋などを使用する

・皮膚に付着した場合は、直ちに大量の水で十分に洗い流す

・目に入った場合は、直ちに大量の水で十分に洗い流し、医師の診察を受ける

・濃度が高いと、金属がさびたり、漂白(変色)したりする可能性があるので注意する

・金属に使用した場合は、消毒後、水で洗い流すか、拭き取る

【聖教新聞2013年 12月20日掲載】

-健康
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

〈紙上セミナー 生活に生きる仏教〉 限りある「生」を最も豊かに 2019年6月1日

〈紙上セミナー 生活に生きる仏教〉 限りある「生」を最も豊かに 2019年6月1日 悲しみを希望へと変革する仏法哲理 在宅医療で「看取り」に携わる 医師 栁生岳志  皆さんは、「人生の最期をどこで迎え …

no image

第11回 足腰は健康の土台〈危機の時代を生きる――創価学会ドクター部編〉

JCHO仙台病院・病院長 村上栄一さん  医学では、体内の各器官が互いに連携し、支え合いながら私たちの健康を守っていることが明らかになってきている。まさに調和の世界であり、仏法の“人体は小宇宙”との思 …

no image

腸閉塞(イレウス)の原因・症状・治療・予防

 腸閉塞(イレウス)は、さまざまな原因によって腸の流れが閉塞または滞った状態です。この病気について、東京女子医科大学・第二外科学教室の板橋道朗准教授(下部消化管外科)に聞きました。 [colored_ …

no image

〈あなたの暮らしをアップ〉 ウオーキングで健康長寿 2019年6月8日

〈あなたの暮らしをアップ〉 ウオーキングで健康長寿 2019年6月8日  健康のため、手軽に取り組める“ウオーキング”。一日どれくらい歩くと良いのか、どんな効果があるのか。今回は、ウオーキングのポイン …