小説「人間革命」

小説「人間革命」第2巻 あらすじ

投稿日:2013年2月1日 更新日:

小説「人間革命」第2巻
収録章
「幾山河」「序曲」「光と影」「前哨戦」「地湧」「車軸」

あらすじ

いかに遠くとも、(こうふ)の幾山河を踏破(とうは)するには、地道な一歩から始めるしかない。昭和21年9月、戸田は、栃木・群馬へ戦後初の地方折伏(しゃくぶく)を行い、“妙法の一粒種”を蒔(ま)くことに精魂を傾ける。
11月、新生日本の象徴たる日本国憲法の発布と時を同じくして、戸田理事長のもと、学会は戦後第1回の総会を開催する。社会では労働運動などが激化し、政治革命への期待が広がるが、“真実の革命は宗教革命なり”と知る戸田は、泰然(たいぜん)と布教の指揮をとる。その薫陶のなかで、学会の青年たちは日蓮仏法の正しさを実感していく。
翌22年の8月14日、蒲田で行われた座談会に、山本伸一という青年が出席する。彼は尋ねる。「正しい人生とは」「真の愛国者とは」……。伸一は19歳、戸田は47歳。戸田は、懐かしき師である牧口との出会いを思い起こしながら、伸一との邂逅(かいこう)に運命的な絆を感じるのであった。その10日後の8月24日、伸一は入信する。

-小説「人間革命」
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

小説「人間革命」第10巻 あらすじ

第10巻 収録章 「一念」「脈動」「跳躍」「嶮路」「展望」 【送料無料】人間革命(第10巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 昭和31年初頭、伸一は一人、深い決意を秘めて大阪に向かう。学会は7月の参 …

no image

小説「人間革命」第6巻 あらすじ

第6巻 【送料無料】人間革命(第6巻)第2版 [ 池田大作 ] 収録章 「七百年祭」「推移」「余燼」「離陸」 あらすじ 昭和27年4月27、28日には、総本山で「立宗七百年祭」が行われた。大聖人の立教 …

no image

小説「人間革命」第4巻 あらすじ

小説「人間革命」第4巻 収録章 「生命の庭」「時流」「波紋」「疾風」「怒濤」「秋霜」 【送料無料】人間革命(第4巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 1行目に「生命論 戸田城聖」と書いた原稿を前に、 …

no image

小説「人間革命」第8巻 あらすじ

第8巻 【送料無料】人間革命(第8巻)第2版 [ 池田大作 ] 収録章 「真実」「推進」「学徒」「明暗」「多事」 あらすじ 破竹の勢いで邁進(まいしん)する学会には、幾千幾万の功徳(くどく)の体験が花 …

no image

小説「人間革命」第1巻 あらすじ

小説「人間革命」第1巻 収録章 「黎明」「再建」「終戦前後」「占領」「一人立つ」「千里の道」「胎動」「歯車」 【送料無料】人間革命(第1巻)第2版 [ 池田大作 ] あらすじ 昭和20年7月3日の夕刻 …