激闘

広宣流布はチームプレーが大切な戦い激闘30 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:

 山本伸一の言葉には、確信と情熱がほとばしっていた。

 「広宣流布の組織のなかで、自行化他の実践を貫き通してこそ、一生成仏も、宿命の転換も可能になるんです。だからこそ、大聖人は『日蓮が一門となりとをし給うべし』(御書一三六〇ページ)と仰せになっているんです。 一門というのは、人と人との連帯です。組織です。そのなかで、共にスクラムを組み、異体同心の団結で進み抜いていきなさいと、大聖人は言われているんです。なぜなら、そこにしか、広宣流布の大前進も、自身の大成長もないからです。

 人間は、ともすれば、“一人の方が自由気ままでいいな”と思いがちです。しかし、広宣流布は、多彩な人材が心を一つにして、互いに切磋琢磨し合っていくことによって、成し遂げることができるんです。スポーツでいえば、野球やサッカーのように、チームプレーが大切な戦いなんです。

 戸田先生は、学会を『仏意仏勅の団体』と言われ、『創価学会仏』とさえ表現された。広宣流布をわが使命とし、異体同心のスクラムを組むなかで、創価学会仏の一員となり、崩れざる幸福を築くことができるんです。

 どうか、皆さんは、この尊い学会から、生涯、離れることなく、人間革命の大道を、誇らかに歩み抜いていってください」

 死身弘法の実践をもって、日蓮大聖人の正法正義を守り抜いてきた創価学会である。大聖人の仰せ通りに、世界広宣流布を推進してきたわれらである。

 その学会を離れて、真実の仏法の実践はない。功徳爛漫の人生も、境涯革命も、一生成仏もない――それが、伸一の断固たる確信であった。

 彼は、春季研修会に参加したメンバーに、こう語って指導を終えた。

 「明日の研修会も、御書を研鑽しましょう。学会は、どこまでも御書根本です。御書に照らし、信心の眼で一切を見ていくならば、何も恐れるものなどありません」

-激闘
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。   …

no image

激闘25 小説「新・人間革命」27巻

 一九七八年(昭和五十三年)五月九日、練馬区の代表との懇談会で山本伸一は、参加者の報告に耳を傾けながら、今後の会館整備などについて語り合った。さらに彼は、この日、発足した女子部の「練馬女子生命哲学研究 …

no image

「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」激闘22 小説「新・人間革命」27巻

 座談会で言われたことを、林田清夫は、直ちに実行に移した。  早速、座談会の帰りに、自転車店を営む友人の家を訪ね、こう切り出した。  「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか …

no image

練馬文化会館の開館記念勤行会 激闘10小説「新・人間革命」27巻

 人と会い、誠意をもって対話していくなかで理解が生まれ、やがて、信頼と共感が芽生えていく。ゆえに、広宣流布のためには、粘り強い交流と語らいが大切になるのである。  しかし、一部のマスコミ関係者が、政治 …

no image

私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。激闘5 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、力を込めて語っていった。  「また、私が創立した創価学園の生徒について、『私の命よりも大事である』と述べました。私は、自分をなげうっていくつもりで、こう訴えたんです。ありのままの、偽らざ …