正義

正義1小説「新・人間革命」

投稿日:2014年1月1日 更新日:

 創価学会の使命は、世界広宣流布にある。法華経の精髄であり、一切衆生の成仏得道の大法である日蓮大聖人の仏法を、人びとの胸中に打ち立て、崩れざる世界の平和と、万人の幸福を実現することにある。

 大聖人は師子吼された。
 「今日蓮が時に感じて此の法門広宣流布するなり」(御書1023ページ)、「法華経の大白法の日本国並びに一閻浮提に広宣流布せん事も疑うべからざるか」(同265ページ)

 大聖人は、末法にあって全人類の救済のために妙法流布の戦いを起こされ、一閻浮提、すなわち全世界への大法弘通を誓願された。学会は、御本仏のその大誓願を果たすために出現した、人間主義の世界宗教である。

 大聖人の正法正義を守り抜いた、後継の弟子・日興上人の御遺誡には、こうある。
 「未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致す可き事」(同1618ページ)
 この御遺誡のままに、学会は正義の旗を掲げ、初代会長・牧口常三郎は軍部政府の弾圧と戦い、獄中で死身弘法の生涯を閉じた。

 第二代会長・戸田城聖もまた、約2年間にわたって投獄されている。彼は獄中にあって、“われ地涌の菩薩なり”と悟達し、師・牧口の遺志を胸に、生きて牢獄を出た。広宣流布に一人立ったのだ。その正義の旗の下に、われらは集った。一人ひとりが“地涌の使命”をもって、この世に出現したのだ。
 “地涌の使命”とは、広宣流布だ!

 自他共の幸せのために、勇んで大正法を語りに語り抜いていくのだ。苦難と絶望の淵から雄々しく立ち上がり、人間蘇生の大ドラマを演じ、仏法の偉大なる功力を証明するのだ。何があっても負けない、強靱にして豊かな心を培い、人格を磨き抜き、歓喜に満ちあふれた人生を生き抜くのだ。

 世界広布新時代の朝は来た。世界は、彼方にあるのではない。自分の今いる、その家庭が、その職場が、その地域が、絢爛たる使命の大舞台だ。世界広宣流布の中心地なのだ。
 さあ、立ち上がろう。元初の太陽を胸に!

-正義
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義51 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の舞台は、婦人部の合唱「今日も元気で」となった。婦人部員の満面の笑みが開花し、あの限りなく明るく、軽やかな調べが流れた。 三重の婦人部員にとって、それは“喜びの歌”であり、“勝利の歌 …

no image

正義66 新・人間革命 27巻

 山本伸一は、関西では、創立者として創価女子学園を訪問したほか、関西牧口記念館、兵庫文化会館などを次々と訪れた。  行く先々で同志と記念のカメラに納まり、懇談会等をもち、入魂の励ましに徹した。  四月 …

no image

正義55 小説「新・人間革命」27巻

波多光子は、七十六歳であった。 山本伸一は、彼女が入会にいたった経緯や、広宣流布の苦闘の幾山河について、次々と尋ねていった。 波多の体験を通して、集ってきた同志と共に、「本当の信心とは何か」を確認して …

no image

正義30 小説「新・人間革命」27巻

僧たちの仕打ちは冷酷であった。 福井県に住む婦人部員の夫が、信心することになった。夫人の念願が叶っての入会である。 入信の儀式の『御授戒』を受けるために、その夫妻に同行して、壮年・婦人の幹部も寺へ行っ …

no image

正義62 小説「新・人間革命」27巻

露崎アキは、山本伸一からの伝言と見舞いの品に、跳び上がらんばかりに驚き、喜んだ。 「こんな病魔になんか、負けとれん! 一日も早う元気になって広宣流布のために、そこら中、歩き回らな! 山本先生にお応えせ …