正義

正義1小説「新・人間革命」

投稿日:2014年1月1日 更新日:

 創価学会の使命は、世界広宣流布にある。法華経の精髄であり、一切衆生の成仏得道の大法である日蓮大聖人の仏法を、人びとの胸中に打ち立て、崩れざる世界の平和と、万人の幸福を実現することにある。

 大聖人は師子吼された。
 「今日蓮が時に感じて此の法門広宣流布するなり」(御書1023ページ)、「法華経の大白法の日本国並びに一閻浮提に広宣流布せん事も疑うべからざるか」(同265ページ)

 大聖人は、末法にあって全人類の救済のために妙法流布の戦いを起こされ、、すなわち全世界への大法弘通を誓願された。学会は、御本仏のその大誓願を果たすために出現した、人間主義の世界宗教である。

 大聖人の正法正義を守り抜いた、後継の弟子・日興上人の御遺誡には、こうある。
 「未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致す可き事」(同1618ページ)
 この御遺誡のままに、学会は正義の旗を掲げ、初代会長・牧口常三郎は軍部政府の弾圧と戦い、獄中で死身弘法の生涯を閉じた。

 第二代会長・戸田城聖もまた、約2年間にわたって投獄されている。彼は獄中にあって、“われ地涌の菩薩なり”と悟達し、師・牧口の遺志を胸に、生きて牢獄を出た。広宣流布に一人立ったのだ。その正義の旗の下に、われらは集った。一人ひとりが“地涌の使命”をもって、この世に出現したのだ。
 “地涌の使命”とは、広宣流布だ!

 自他共の幸せのために、勇んで大正法を語りに語り抜いていくのだ。苦難と絶望の淵から雄々しく立ち上がり、人間蘇生の大ドラマを演じ、仏法の偉大なる功力を証明するのだ。何があっても負けない、強靱にして豊かな心を培い、人格を磨き抜き、歓喜に満ちあふれた人生を生き抜くのだ。

 世界広布新時代の朝は来た。世界は、彼方にあるのではない。自分の今いる、その家庭が、その職場が、その地域が、絢爛たる使命の大舞台だ。世界広宣流布の中心地なのだ。
 さあ、立ち上がろう。元初の太陽を胸に!

-正義
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義28 小説「新・人間革命」27巻

学会を誹謗する僧の大半は若手であり、世間の常識に疎く、態度が横柄な者も少なくなかった。 それでも学会員は、彼らを守り、寺のために尽力してきた。 彼らが、学会への憎悪を募らせ、理不尽な誹謗をエスカレート …

no image

正義14 小説「新・人間革命」27巻

戸田城聖が学会の再建に踏み出した時、組織は壊滅状態に陥っていた。 そのなかから再出発した在家の団体が、戸田の指導のもとに年ごとに力を蓄え、七十五万世帯という未曾有の大折伏を展開しようというのである。 …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …

no image

正義24 小説「新・人間革命」27巻

一九七七年(昭和五十二年)の一月十五日、山本伸一は第九回教学部大会で、「仏教史観を語る」と題して記念講演を行った。 この講演で彼は、「宗教のための人間」から、「人間のための宗教」への大転回点こそ、仏教 …

no image

正義36 小説「新・人間革命」27巻

妙楽大師の言葉に、「礼楽前きに馳せて真道後に啓らく」(御書一八七p)とある。 「礼楽」とは、「礼儀」と「音楽」のことで、中国の伝統的な生活規範である。 「礼」は、行いを戒め、社会の秩序を生み出し、「楽 …