正義

正義13 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月17日 更新日:

軍部政府によって会長の牧口常三郎らが逮捕されるや、周章狼狽した宗門は、牧口一門の総本山への登山を禁ずるなど、学会との関わりを断とうとしたのだ。
日蓮大聖人の仏法の清流は、正法正義を貫いた牧口と戸田城聖の、創価の師弟によって死守されたのである。
師の牧口は、獄中にあって殉教したが、理事長であった弟子の戸田は、牧口の広宣流布への遺志を受け継ぎ、一九四五年(昭和二十年)七月三日、生きて獄門を出た。
敗戦を間近にした焼け野原に一人立った。
出獄後、戸田は、直ちに学会の再建に着手した。
会の名称も「」から、「創価学会」と改めた。教育者を中心に教育改革をめざす団体ではなく、広く民衆を組織した
広宣流布の団体であることを、鮮明に打ち出したのである。
そして、出獄から六年後の五一年(同二十六年)五月三日、第二代会長に就任する。
その時、彼は、こう訴えた。
「私の自覚にまかせて言うならば、私は、広宣流布のために、この身を捨てます!
私が生きている間に、七十五万世帯の折伏は、私の手でいたします。願わくは、それまでに宗門におかせられても、七十五万だけやっていただきたいものである」
また、もし七十五万世帯が達成できなかったら、「遺骸は品川沖に捨てよ」とまで語ったのである。
「七十五万世帯の折伏は、私の手でいたします」との言葉には、地涌の菩薩の使命を自覚し、広宣流布に一人立った戸田の、烈々たる気迫がこもっている。
広宣流布の大願は、一人立つ勇者によって成し遂げられるのだ。
そして、その師子に続いて、また一人が立ち、二人、三人……と立ち上がる、一人立つ者の総和が、大願を現実化していくのだ。
自らが立たず、数を頼んでも、それは烏合の衆であり、臆病な羊の群れである。そこには「法華弘通」という大願の成就はない。
自らが師子と立つ──それが創価の大道だ。

-正義
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義54 小説「新・人間革命」27巻

三沢カツ子の家は、伊勢と関西を結ぶ街道沿いにあり、かつて一帯は宿場で、三沢家も旅館を営んでいたという。 彼女は、午前中、「もし、よろしければ、お宅におじゃまさせていただきます」との山本伸一からの伝言を …

no image

正義10 小説「新・人間革命」27巻

「仏教の極意たる『妙法』が万民必然の生活法則たることを、科学的に実験証明しよう」 (注1)──それが、牧口常三郎の企図であった。 そして、妙法は、「数万の正証反証(幸不幸)の累積によつて、単なる哲学的 …

no image

正義40 小説「新・人間革命」27巻

伊東平和会館の開館記念勤行会で、山本伸一は皆と勤行したあと、懇談的に話をした。 彼は、日蓮大聖人の伊豆流罪、また、初代会長・牧口常三郎が、伊豆の下田で官憲に出頭を求められて、投獄、獄死した大弾圧に思い …

no image

正義15 小説「新・人間革命」27巻

笠原慈行は、「神本仏迹論」を唱え、不敬罪で大石寺を告訴した。 それによって軍部政府は、果敢に折伏を行っていた学会に目を付け、弾圧を開始するにいたり、牧口常三郎は獄死することになるのだ。 戸田城聖は、笠 …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …