正義

正義19 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月24日 更新日:

創価学会は、宗教法人設立の準備に着手し、宗教法人法に基づき、一九五一年(昭和二十六年)十一月一日付「聖教新聞」に設立公告を掲載した。
十二月半ば、宗門は、戸田城聖に総本山の宗務院へ来るように伝えてきた。
戸田は、著しく体調を崩していたが、総本山へ出向き、なぜ宗教法人にする必要があるのかを説明した。
それに対して、後の日達法主である細井精道庶務部長は、「学会が宗教法人となることは、法的な問題であり、なんら指示するような意思はありません」と答えた。
そのうえで宗務院としての要望を語った。
「折伏した人は信徒として各寺院に所属させること」「当山の教義を守ること」「三宝(・法・僧)を守ること」
戸田は、宗門の意向を尊重しながら、宗教法人設立に全力を注いだ。
戦いには時がある。人生の時間にも限りがある。
なすべき時に、なすべき事をしなければ、残るのは後悔である。
学会の宗教法人設立は、規則案の再検討もあり、時間を要した。
そして、翌五二年(同二十七年)六月二十日付「聖教新聞」に、再び設立公告を掲載した。
その六日後の六月二十六日から、宗門は四日間にわたって臨時宗会を開いた。
この宗会では、宗制・宗規の変更も審議され、「檀徒及び信徒は本宗が包括する宗教法人以外の宗教法人に加入する事が出来ない」との条文が加えられようとしたのだ。
宗教法人設立は、広宣流布の大きな流れを開き、日蓮大聖人の御遺命を実現していくためのものである。しかし、宗会は、それを阻もうとしたのだ。
学会は、この条文が、不当な圧力の武器に変化する危険性を感じ、直ちに抗議し、取り消しを求めた。
広布実現を願い、宗門の外護を考えての一歩一歩の歩みが、烈風との戦いであった。
創価学会が宗教法人として発足にいたる道もまた、怒濤が騒ぐ険路であったのである。

-正義
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義20 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、一九五二年(昭和二十七年)八月二十七日に都知事の認証を受け、九月八日に登記を終えて宗教法人「創価学会」が発足した。 これによって、在家信者による未聞の宗教運動の大道が開かれたのである。 つ …

no image

正義10 小説「新・人間革命」27巻

「仏教の極意たる『妙法』が万民必然の生活法則たることを、科学的に実験証明しよう」 (注1)──それが、牧口常三郎の企図であった。 そして、妙法は、「数万の正証反証(幸不幸)の累積によつて、単なる哲学的 …

no image

正義37 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、個人に即して、創価学会の合唱運動、”合唱祭”の意義を語っていった。 「”合唱祭”に出演された皆さんは、歌の練習に取り組むなかで、苦手な課題を克服しようと懸命に努力されてきた。 それを通して …

no image

正義53 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、文化合唱祭のあと、出席した僧侶と懇談会をもった。 彼は、“学会は、どこまでも広宣流布のために、死身弘法の誠を尽くしながら、宗門を守り抜く決意であり、さらに連携を取り合い、前進していきたい” …

no image

正義26 小説「新・人間革命」27巻

一九七七年(昭和五十二年)の三月、学会は、これまでの御観念文に、創価学会の興隆祈念、初代会長・牧口常三郎と二代会長・戸田城聖への報恩祈念の記載を加える発表をした。 かねてから学会本部には、「勤行の際に …