正義

正義19 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月24日 更新日:

創価学会は、宗教法人設立の準備に着手し、宗教法人法に基づき、一九五一年(昭和二十六年)十一月一日付「新聞」に設立公告を掲載した。
十二月半ば、は、戸田城聖に総本山の宗務院へ来るように伝えてきた。
戸田は、著しく体調を崩していたが、総本山へ出向き、なぜ宗教法人にする必要があるのかを説明した。
それに対して、後の日達法主である細井精道庶務は、「学会が宗教法人となることは、法的な問題であり、なんら指示するような意思はありません」と答えた。
そのうえで宗務院としての要望を語った。
「折伏した人は信徒としてに所属させること」「当山の教義を守ること」「三(仏・法・僧)を守ること」
戸田は、宗門の意向を尊重しながら、宗教法人設立に全力を注いだ。
には時がある。の時間にも限りがある。
なすべき時に、なすべき事をしなければ、残るのは後悔である。
学会の宗教法人設立は、規則案の再検討もあり、時間を要した。
そして、翌五二年(同二十七年)六月二十日付「」に、再び設立公告を掲載した。
その六日後の六月二十六日から、宗門は四日間にわたって臨時宗会を開いた。
この宗会では、宗制・宗規の変更も審議され、「檀徒及び信徒は本宗が包括する宗教法人以外の宗教法人に加入する事が出来ない」との条文が加えられようとしたのだ。
宗教法人設立は、の大きな流れを開き、の御遺命を実現していくためのものである。しかし、宗会は、それを阻もうとしたのだ。
学会は、この条文が、不当な圧力の武器に変化する危険性を感じ、直ちに抗議し、取り消しを求めた。
広布実現を願い、宗門の外護を考えての一歩一歩の歩みが、烈風との戦いであった。
創価学会が宗教法人として発足にいたる道もまた、怒濤が騒ぐ険路であったのである。

-正義
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義3 小説「新・人間革命」27巻

第一回「世界平和会議」の席上、国際仏教者連盟(IBL)が発足し、会長に山本伸一が、名誉総裁に日達法主が就いた。 また、この席で、全参加者の懇請と総意によって創価学会インタナショナル(SGI)が結成され …

no image

正義58 小説「新・人間革命」27巻

いかに時代は変わろうが、信心ある人には、広宣流布の前進あるところには、必ず魔が競い、難が襲う。 波多光子は、周囲のいかなる仕打ちにも、迫害にも挫けまいとの決意を固めた。 入会した友を、その決意に立たせ …

no image

正義51 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の舞台は、婦人部の合唱「今日も元気で」となった。婦人部員の満面の笑みが開花し、あの限りなく明るく、軽やかな調べが流れた。 三重の婦人部員にとって、それは“喜びの歌”であり、“勝利の歌 …

no image

正義32 小説「新・人間革命」27巻

静寂な夜であった。 山本伸一は、一九八一年(昭和五十六年)に執り行われる、日蓮大聖人の第七百遠忌法要を思った。 彼は、その慶讃委員長であり、この式典を、僧俗一丸となって荘厳し、広宣流布への大前進を期す …

no image

正義59 小説「新・人間革命」27巻

三重研修道場周辺の地域に住む人たちの多くが、波多光子と露崎アキの弘教である。 三沢光也の父も、波多の勧めで入会したという。肝臓と胆嚢を病み、「もう長くはない」と周囲の人たちが噂し合っているなかで、信心 …