正義

正義23 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月29日 更新日:

第三代会長に就任した山本伸一も、師の戸田城聖と同じ心で、宗門に外護の赤誠を尽くしてきた。
また、僧俗和合のため、最大に努力を重ねるとともに、言うべきことは言ってきた。
もしも宗門が、儀式主義、神秘主義、権威主義に陥ってしまえば、人間のための宗教とは、なり得ないからだ。
ところが、僧侶の本来あるべき姿を訴えてきたことや、、忠告してきたことに対して、反感をいだく僧も少なくなかった。
まさに、「忠言耳に逆らう」のことわり通りであった。
彼らは、檀信徒を僧の下に見る、強い意識をもっていたのである。
「宗教は内的腐敗によってのみ滅ぼされうるのです」(注=2面)とは、ガンジーの鋭い洞察である。
すべての宗教者が、常に心しなければならない箴言である。
「教学の年」を迎え、学会が、日蓮仏法の新展開への本格的なスタートを切った、一九七七年(昭和五十二年)の初めごろのことである。
伸一のもとに、「お寺の御講の折に住職が学会を誹謗するので、大変に嫌な思いをしている」との報告が入るようになった。
「御講」は、毎月十三日の日蓮大聖人の命日に各寺院で行われている行事で、読経・唱題のほか、住職の説法などがあった。
正宗寺院には、学会が建立寄進した寺院も多かった。その寺で、集ってきた学会員を前に、住職が学会を攻撃するというのだ。
学会員は、「寺院を大切にしよう」「信心を深めたい」との思いから、苦しい生活のなかでも供養を持参し、毎月、寺の御講に参加してきた。
しかし、寺に行くたびに住職から、「学会は謗法だ!」「学会は間違っている!」などと、言われるようになったのである。
そうした寺のある地域の幹部は、住職に会って話し合いを重ねた。義憤を感じた青年部幹部が、抗議したこともあった。
しかし、月日を経るごとに、学会への誹謗は激しさを増していったのである。

-正義
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義62 小説「新・人間革命」27巻

露崎アキは、山本伸一からの伝言と見舞いの品に、跳び上がらんばかりに驚き、喜んだ。 「こんな病魔になんか、負けとれん! 一日も早う元気になって広宣流布のために、そこら中、歩き回らな! 山本先生にお応えせ …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …

no image

正義21 小説「新・人間革命」27巻

宗門には、牧口常三郎の時代から、学会を正しく理解できず、蔑視したり、敵視したりする僧が少なくなかった。 しかし、牧口と戸田城聖の、死身弘法の実践と宗門への赤誠を見続けてきた法主たちは、創価の師弟に賞讃 …

no image

正義34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、僧たちの学会への執拗な誹謗・中傷に、広宣流布を破壊することになりかねない魔の蠢動を感じた。 彼は、「今こそ会員一人ひとりの胸中に、確固たる信心と、広布の使命に生き抜く創価の師弟の精神を打ち …

no image

正義43 小説「新・人間革命」27巻

どうすれば、一人ひとりが、強い確信をもつことができるのか──。 山本伸一は、さらに語っていった。 「一つには、信心の力を痛感する、生活のうえでの体験を、どれだけつかんでいくかです。 体験ある人は強い。 …