正義

正義27 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年2月3日 更新日:

創価学会は、荒れ狂う社会にあって、現実の大地にしっかりと足をつけ、人びとと同苦し、仏法を生活に即して語りながら、広宣流布の新しき地平を開いてきた。
しかし、広布への責任と使命を自覚できない僧には、、民衆に仏法を開いていくことの大切さが、わからなかったにちがいない。
彼らは、広宣流布の誓願に燃えて、自在に活動を推進する学会に対して、幹部らの言葉尻をとらえては批判してきたのだ。
また、激しさを増す僧たちの学会誹謗と相呼応するかのように、一九七七年(昭和五十二年)の七月下旬から、一部の週刊誌が学会への中傷記事を掲載し始めた。
学会が大石寺を〝兵糧攻め〟にしているとか、大石寺が乗っ取られるなどといった喧伝が繰り返されたのだ。
学会を敵対視する住職のなかには、御講の席で御書講義もそっちのけで、そうした週刊誌を手にして学会を誹謗する者もいた。
「ここに出ていることは本当なんです! 学会に騙されている。学会は謗法です」
学会を攻撃する寺は、次第に増えていった。
多くの学会員にとっては、青天の霹靂であった。会員は皆、寺に対して、純真に尽くし抜いてきた。
だが、御講に行くたびに、〝謗法〟呼ばわりされるのである。
皆、訳がわからなかった。?然とした顔の壮年もいた。悔し涙をこらえる婦人もいた。抗議の声をあげる青年もいた。
〝こんなことを言われるくらいなら、もう寺には来たくない〟と、肩を落とし、悔しさと怒りに震えながら家路をたどるのである。
悪侶による学会への誹謗は、葬儀の場にも及んだ。学会員ではない親戚や縁者が多数集った通夜の席で、「創価学会の信心では成仏できない」と、僧が言うのである。
最愛の肉親を亡くした悲しみの傷口に、塩を塗るような非道な仕打ちであった。
「哀悼の涙」は、「憤怒の涙」に変わった。
懸命に広宣流布を進める創価学会を、僧侶が攻撃する。
誰もが耳を疑うような、予期せぬかたちで競い起こるのが魔なのである。

-正義
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義4 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、世界広宣流布を推進する一方で、世界の指導者たちと本格的な対話を重ねた。 特に、SGI結成の前年にあたる一九七四年(昭和四十九年)には、日中、日ソの新たな友好の道を開くとともに、中ソ紛争の解 …

no image

正義24 小説「新・人間革命」27巻

一九七七年(昭和五十二年)の一月十五日、山本伸一は第九回教学部大会で、「仏教史観を語る」と題して記念講演を行った。 この講演で彼は、「宗教のための人間」から、「人間のための宗教」への大転回点こそ、仏教 …

no image

正義50 小説「新・人間革命」27巻

本部幹部会の翌日にあたる四月二十三日、三重研修道場(旧・中部第一総合研修所)の白山公園で、初の「三重文化合唱祭」が、「創価の歌声で開く万葉の天地」をテーマに、はつらつと開催された。 この文化合唱祭は、 …

no image

正義33 小説「新・人間革命」27巻

一九七八年(昭和五十三年)の幕が開いた。 学会は、この年を、「教学の年」第二年とした。 山本伸一をはじめ創価の同志は、仏法の哲理を、社会、世界に大きく開き、広宣流布への前進を加速させようとの気概に燃え …

no image

正義5 小説「新・人間革命」27巻

日蓮大聖人は仰せである。 「大悪は大善の来るべき瑞相なり、一閻浮提うちみだすならば閻浮提内広令流布はよも疑い候はじ」(御書一四六七p) ──大悪は、大善が来る前兆である。一閻浮提すなわち全世界がひどく …