正義

正義30 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年2月6日 更新日:

僧たちの仕打ちは冷酷であった。
福井県に住む婦人部員の夫が、信心することになった。夫人の念願が叶っての入会である。
入信の儀式の『御授戒』を受けるために、その夫妻に同行して、壮年・婦人の幹部も寺へ行った。
寺には、学会を敵対視する住職の影響を受け、学会批判を繰り返すようになった若者らが集っていた。
住職は、約束の時刻になっても『御授戒』を行おうとはせず、学会を誹謗し始めた。
「学会の会館に行っても功徳はない。寺に来てこそ功徳がある。そもそも、生きている時に寺へ来ないで、死んで厄介になろうなどというのは、おかしな話ではないか」
「そうだ!」と、若者たちが口々に叫ぶ。
付き添っていた幹部は、信心しようという人の前で、住職らと争う姿を見せたくはなかった。
『こんなことを言われて、入会の決意を翻さなければいいが……』と、ハラハラしながら、じっと耐えていた。
学会への誹謗は、四十分、五十分と、延々と続いた。遂にたまりかねて、壮年の幹部が強い語調で言った。
「『御授戒』は、どうなっているんですか!」
「なんや、おまえ!」
若者たちが、壮年幹部を取り囲んだ。緊張が走った。
住職は、『これはまずい』と判断したのか、ようやく『御授戒』を始めた。
こうした寺が増え、学会員の多くが、寺へ行くたびに悔しさを噛み締めてきたのである。
山本伸一は、学会員の苦渋の訴えに、胸をかきむしられる思いがした。 
「なぜ、罪もない学会員が、最愛の仏子たちが、こんな目に遭わなくてはならないのだ! 
もうこれ以上、同志を苦しめたくはない! 学会員は、広宣流布の使命を担って出現した仏子である。
なればこそ、その方々を命がけで守るのが会長である私の務めである。断じ
て、断じて、守り抜かねばならぬ!」
広宣流布に生きる人を、仏に仕えるがごとく守り抜く。そこに仏法の王道がある。

-正義
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

正義23 小説「新・人間革命」27巻

第三代会長に就任した山本伸一も、師の戸田城聖と同じ心で、宗門に外護の赤誠を尽くしてきた。 また、僧俗和合のため、最大に努力を重ねるとともに、言うべきことは言ってきた。 もしも宗門が、儀式主義、神秘主義 …

no image

正義44 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、広宣流布の大使命を担った、地涌の菩薩の集いである。 日蓮大聖人は、その実践について、「我もいたし人をも教化候へ」(御書一三六一p)と述べられている。 広宣流布をめざす自行化他の学会活動に励 …

no image

正義55 小説「新・人間革命」27巻

波多光子は、七十六歳であった。 山本伸一は、彼女が入会にいたった経緯や、広宣流布の苦闘の幾山河について、次々と尋ねていった。 波多の体験を通して、集ってきた同志と共に、「本当の信心とは何か」を確認して …

no image

正義60 小説「新・人間革命」27巻

波多光子は、自分としては、露崎アキと二人で一生懸命に葬儀を執り行ったつもりであった。 しかし、それでも歳月を経るごとに、「本当にあんなんで、よかったんやろうか。 故人の一家に惨めな思いをさせたのではな …

no image

正義37 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、個人に即して、創価学会の合唱運動、”合唱祭”の意義を語っていった。 「”合唱祭”に出演された皆さんは、歌の練習に取り組むなかで、苦手な課題を克服しようと懸命に努力されてきた。 それを通して …