正義

正義30 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年2月6日 更新日:

僧たちの仕打ちは冷酷であった。
福井県に住む婦人部員の夫が、信心することになった。夫人の念願が叶っての入会である。
入信の儀式の『御授戒』を受けるために、その夫妻に同行して、壮年・婦人の幹部も寺へ行った。
寺には、学会を敵対視する住職の影響を受け、学会批判を繰り返すようになった若者らが集っていた。
住職は、約束の時刻になっても『御授戒』を行おうとはせず、学会を誹謗し始めた。
「学会の会館に行っても功徳はない。寺に来てこそ功徳がある。そもそも、生きている時に寺へ来ないで、死んで厄介になろうなどというのは、おかしな話ではないか」
「そうだ!」と、若者たちが口々に叫ぶ。
付き添っていた幹部は、信心しようという人の前で、住職らと争う姿を見せたくはなかった。
『こんなことを言われて、入会の決意を翻さなければいいが……』と、ハラハラしながら、じっと耐えていた。
学会への誹謗は、四十分、五十分と、延々と続いた。遂にたまりかねて、壮年の幹部が強い語調で言った。
「『御授戒』は、どうなっているんですか!」
「なんや、おまえ!」
若者たちが、壮年幹部を取り囲んだ。緊張が走った。
住職は、『これはまずい』と判断したのか、ようやく『御授戒』を始めた。
こうした寺が増え、学会員の多くが、寺へ行くたびに悔しさを噛み締めてきたのである。
山本伸一は、学会員の苦渋の訴えに、胸をかきむしられる思いがした。 
「なぜ、罪もない学会員が、最愛の仏子たちが、こんな目に遭わなくてはならないのだ! 
もうこれ以上、同志を苦しめたくはない! 学会員は、広宣流布の使命を担って出現した仏子である。
なればこそ、その方々を命がけで守るのが会長である私の務めである。断じ
て、断じて、守り抜かねばならぬ!」
広宣流布に生きる人を、仏に仕えるがごとく守り抜く。そこに仏法の王道がある。

-正義
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

正義29 小説「新・人間革命」27巻

一九七六年(昭和五十一年)の半ばごろから、山脇友政は、法主につながる人脈をもつ若手の僧らに、デマを流していった。 「学会は、いよいよ宗門と対決する」「宗門を乗っ取って、支配する計画だ」──いずれも〓で …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …

no image

正義27 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、荒れ狂う社会にあって、現実の大地にしっかりと足をつけ、人びとと同苦し、仏法を生活に即して語りながら、広宣流布の新しき地平を開いてきた。 しかし、広布への責任と使命を自覚できない僧には、社会 …

no image

正義34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、僧たちの学会への執拗な誹謗・中傷に、広宣流布を破壊することになりかねない魔の蠢動を感じた。 彼は、「今こそ会員一人ひとりの胸中に、確固たる信心と、広布の使命に生き抜く創価の師弟の精神を打ち …

no image

正義42 小説「新・人間革命」27巻

戸田城聖は、「創価学会の歴史と確信」(注)のなかで、学会は発迹顕本したとの確信に立って、大折伏大願成就のための御本尊を、法主・水谷日昇に請願したことを記述している。 日昇法主は、学会の決意を大賞讃して …