正義

正義38 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年2月15日 更新日:

四月十六日午後、山本伸一は、埼玉訪問を終えて東京に戻ると、すぐに聖教新聞社で執務を始めた。
すると、会館管理者のグループである「」の関西・北陸婦人部のメンバーが、研修で学会本部に来ているとの報告が入った。
「そうか。皆さんとゆっくりお会いし、御礼を言いたいな。陰で苦労して、会館を守り支えてくださっている方々だもの。
しかし、今日は、あまり時間がないので、皆さんがよろしければ、一緒に記念撮影をしよう」
多忙であっても、皆を励まそうという心があれば、激励の方法はいくらでもある。
午後五時前、伸一は、聖教新聞社の前で、五十人ほどのメンバーと記念のカメラに納まり、励ましの言葉をかけた。
「遠いところ、ようこそおいでくださいました。
皆さんの陰ながらのご苦労は、よくわかっているつもりです。周囲への心配りも大変でしょう。
また、近隣のお宅には、学会を誤解し、悪い印象をいだいておられる方もいるかもしれない。
しかし、“だからこそ、自分がいるんだ。私は、学会の全権大使なんだ”との自覚で、近隣に、地域に、学会理解の輪を広げていってください。
学会や仏法への理解といっても、それは、人を通してなされるものです。
だから大聖人は、『法自ら弘まらず人・法を弘むる故に人法ともに尊し』(御書八五六ページ)とおっしゃっているんです。
皆さんの日々の振る舞いが、あいさつの一声が、広宣流布を開いていくんです。
建物の礎というのは、外からは見えにくいものです。
しかし、その礎が、建物を支えている。同様に、創価学会を支えてくださっているのは、『』の皆さんです。
学会の全幹部が、皆さんのように、“私は広宣流布の、創価学会の、会員の皆さんの礎になろう。
自分の存在など、誰も気づかなくともよい”との気概をもてば、広宣流布の前進は、今の何倍も加速していきます」

-正義
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義5 小説「新・人間革命」27巻

日蓮大聖人は仰せである。 「大悪は大善の来るべき瑞相なり、一閻浮提うちみだすならば閻浮提内広令流布はよも疑い候はじ」(御書一四六七p) ──大悪は、大善が来る前兆である。一閻浮提すなわち全世界がひどく …

no image

正義54 小説「新・人間革命」27巻

三沢カツ子の家は、伊勢と関西を結ぶ街道沿いにあり、かつて一帯は宿場で、三沢家も旅館を営んでいたという。 彼女は、午前中、「もし、よろしければ、お宅におじゃまさせていただきます」との山本伸一からの伝言を …

no image

正義50 小説「新・人間革命」27巻

本部幹部会の翌日にあたる四月二十三日、三重研修道場(旧・中部第一総合研修所)の白山公園で、初の「三重文化合唱祭」が、「創価の歌声で開く万葉の天地」をテーマに、はつらつと開催された。 この文化合唱祭は、 …

no image

正義34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、僧たちの学会への執拗な誹謗・中傷に、広宣流布を破壊することになりかねない魔の蠢動を感じた。 彼は、「今こそ会員一人ひとりの胸中に、確固たる信心と、広布の使命に生き抜く創価の師弟の精神を打ち …

no image

正義52 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の午後の部が始まる前から、糸のような雨が断続的に降っていた。  文化合唱祭の最後に、山本伸一がマイクに向かった。 彼は、雨の中での出演者の熱唱と熱演を讃えたあと、出席した地域の来賓や …