正義

正義40 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年2月18日 更新日:

伊東平和会館の開館記念勤行会で、山本伸一は皆と勤行したあと、懇談的に話をした。
彼は、日蓮大聖人の伊豆流罪、また、初代会長・牧口常三郎が、伊豆の下田で官憲に出頭を求められて、投獄、獄死した大弾圧に思いを馳せながら語り始めた。
「日蓮大聖人は、『如来の在世より猶多怨嫉の難甚しかるべし』(御書五〇一p)と仰せであります。
釈尊は多くの難を受けたが、末法において正法を広宣流布していくならば、
それ以上に、怨み嫉まれ、迫害を受けるとの意味であります。
これまで創価学会は、広宣流布に邁進してきたがゆえに、激しい非難中傷にさらされ、迫害され続けてきました。
学会以外に、どの教団が真実の正法を弘め、迫害を受けてきたか──ほかにないではありませんか。
その事実は、御書に、また、経文に照らして、学会こそが、真実の広宣流布をしてきた証明であると思いますが、皆さん、いかがでしょうか!」
賛同の大拍手が轟いた。さらに伸一は、創価学会の同志の絆について語っていった。
「学会の同志は、久遠の縁によって結ばれた法友であります。
学会では、誰かが病などの悩みをかかえて苦しんでいると聞けば、多くの同志が題目を送ってくれます。
さらに、同志が他界した折にも、皆が真心の唱題をしてくれます。
また、先輩の方々は、「少しでも信心を深めてほしい。幸せになってもらいたい」と、足しげく後輩の激励に通う。
そして、悩みに耳を傾け、わが事のように心を痛め、涙しながら、懸命に励ましを送る。
そこには、なんの利害もない。これほど尊く、美しく、清らかな人間愛の世界はありません。
学会の組織のなかでつくり上げてきた、この無形の宝を社会に開いていくのが、広布第二章です。
不信と猜疑と嫉妬が渦巻く時代だからこそ、わが地域に、この伊豆の地に、
麗しい人間共和の模範を築き上げていっていただきたいのであります!」

-正義
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義25 小説「新・人間革命」27巻

宗門の僧たちが学会を攻撃する際に、盛んに語っていたのが、「学会は会長本仏論を説いている」ということであった。 学会では、会長が「本仏」などと言ったことは一切なかった。 一部の幹部らの発言に誤解を招く表 …

no image

正義31 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、固く心に決めていた。 「尊き仏子が、悪侶から不当な仕打ちを受け、苦しむような事態だけは、いっときも早く収拾させなければならない。 広宣流布にかかわる根本問題については、一歩たりとも引くわけ …

no image

正義30 小説「新・人間革命」27巻

僧たちの仕打ちは冷酷であった。 福井県に住む婦人部員の夫が、信心することになった。夫人の念願が叶っての入会である。 入信の儀式の『御授戒』を受けるために、その夫妻に同行して、壮年・婦人の幹部も寺へ行っ …

no image

正義24 小説「新・人間革命」27巻

一九七七年(昭和五十二年)の一月十五日、山本伸一は第九回教学部大会で、「仏教史観を語る」と題して記念講演を行った。 この講演で彼は、「宗教のための人間」から、「人間のための宗教」への大転回点こそ、仏教 …

no image

正義32 小説「新・人間革命」27巻

静寂な夜であった。 山本伸一は、一九八一年(昭和五十六年)に執り行われる、日蓮大聖人の第七百遠忌法要を思った。 彼は、その慶讃委員長であり、この式典を、僧俗一丸となって荘厳し、広宣流布への大前進を期す …