正義

正義44 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年2月22日 更新日:

創価学会は、広宣流布の大使命を担った、地涌の菩薩の集いである。
日蓮大聖人は、その実践について、「我もいたし人をも教化候へ」(御書一三六一p)と述べられている。
広宣流布をめざす自行化他の学会活動に励む時、自身の胸中には、大歓喜に満ちあふれた、地涌の菩薩の大生命が脈動する。
学会草創の時代、創価の同志は、病苦や経済苦、家庭不和などの悩みをかかえながら、喜々として折伏・弘教に歩いた。
だが、素直に耳を傾ける人は、いたって少なかった。
嘲笑され、罵詈雑言を浴びせられ、なかには、村八分にされた人もいた。
それでも、草創の同志は負けなかった。
なぜか──難が競い起こったことで、先輩から聞かされてきた、、経文の通りであることを実感したからである。
それが、歓喜と確信となり、ますます闘魂を燃え上がらせ、弘教の駒を進めてきたのだ。
勇気ある挑戦は、さらに大歓喜を呼び起こし、確信を強く、不動のものにしていく。
その歓喜と確信が大生命力を涌現させ、あらゆる困難をはね返して、勇んで弘教へと突き進む原動力となっていくのだ。
一言すれば、草創の同志の強さは、ただひたすら、体当たりの思いで、折伏・弘教を実践していったことにある。
それによって、地涌の菩薩の大生命が、大聖人の眷属たる大歓喜が、わが胸中に脈動していったのだ。
ゆえに、何があっても屈することなく、勇猛果敢に戦い続けることができたのである。
折伏行に勝る力はない。その実践の積み重ねのなかで、強き信心が培われていくのだ。
山本伸一は、伊豆の同志に訴えた。
「学会の強さは、全会員が、、戸田先生の大確信を継承してきたことにあります。
その「仏法の正道」を歩む私たちに、功徳の陽光が燦々と降り注がぬわけがありません。
勝負は一生です。また、三世の生命です。今は大変でも、「見ていてください」と、高らかに宣言して進もうではありませんか!」

-正義
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義39 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、四月十九日に総本山大石寺を訪れ、日達法主と会談した。そして、翌二十日には、静岡県伊東市に誕生した伊東平和会館を訪問したのである。 平和会館では、開館記念の勤行会が、昼と夜の二回にわたって行 …

no image

正義38 小説「新・人間革命」27巻

四月十六日午後、山本伸一は、埼玉訪問を終えて東京に戻ると、すぐに聖教新聞社で執務を始めた。 すると、会館管理者のグループである「礎会」の関西・北陸婦人部のメンバーが、研修で学会本部に来ているとの報告が …

no image

正義37 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、個人に即して、創価学会の合唱運動、”合唱祭”の意義を語っていった。 「”合唱祭”に出演された皆さんは、歌の練習に取り組むなかで、苦手な課題を克服しようと懸命に努力されてきた。 それを通して …

no image

正義6 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、「広布第二章」の世界広宣流布にあたって、最も力を注いできたのは、教学の深化と展開であった。 日蓮大聖人が示された永遠不変の妙法の法理を探究し、御本仏の大精神に立ち返り、それを万人にわかりや …

no image

正義56 小説「新・人間革命」27巻

入会した波多光子に、露崎アキは、勤行とともに弘教に励むことの大切さを力説した。 「日蓮大聖人の仏法は、自行化他にわたる信心や。自分も、周りも、共に幸せにならんと、本当の幸せはないやろ。 たとえば、周り …