正義

正義50 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月1日 更新日:

本部幹部会の翌日にあたる四月二十三日、三重道場(旧・中部第一総合研修所)の白山公園で、初の「三重文化合唱祭」が、「創価の歌声で開く万葉の天地」をテーマに、はつらつと開催された。
この文化合唱祭は、午前、午後の二度にわたって行われたが、山本伸一は、そのいずれにも出席し、出演者、参加者らを励ましたのである。
文化合唱祭は、勇壮な音楽隊のファンファーレ、華やかな鼓笛隊の演奏で幕を開けた。
第一部「郷土に輝く共戦譜」では、広布の歩みが語られるなか、「威風堂々の歌」や「同志の歌」「」など、懐かしい歌の合唱が繰り広げられた。
第二部「我ら三重」では、「鯉のぼり」の曲にのって少年・少女部員が登場。「ぼくら師子の子」を元気に合唱したあと、代表が伸一に花束を手渡した。
「ありがとう! お父さん、お母さんを大切に。しっかり勉強して、立派に育つんだよ。皆さんを、ずっと見守っています」
伸一は、子どもを抱き締めて励ましながら、三十年後、四十年後に思いを馳せた。
「二十一世紀は、この子たちの時代だ。世界広布の本当のを開かねばならない!」
舞台で、少年・少女部員が声を合わせ、「おかーさん!」と呼ぶと、の合唱団が登場する。
そして、子どもたちと肩を組みながら、「お月さまの願い」の合唱が始まる。
ほのぼのとした創価家族の温もりがを包んでいく。
また、女子部は、さわやかな「緑の栄冠」のコーラスを披露。男子部は、力強い体操の演技とともに、愛唱歌「原野に挑む」を合唱し、参加者を魅了していった。
どの合唱、どの演目にも、の喜びがあふれていた。
学会の世界とは、「歓喜の世界」である。「歓喜の」「歓喜の思い出」「歓喜の」を育んでいくための信仰である。 「幸運の鍵はわが手中に歓喜のあることである」(注)とは、アメリカの偉大なる思想家・
エマソンの名言である。

-正義
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義45 小説「新・人間革命」27巻

静岡指導を終えた山本伸一は、四月二十一日午後、中部指導に向かった。 夕刻、中部入りした伸一は、午後六時前から、愛知、三重、岐阜の代表幹部と懇談会をもった。 参加者からは、この年一月の支部制発足以来、大 …

no image

正義61 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、露崎アキと聞いて、二年前に三重研修道場が中部第一総合研修所としてオープンした折の、彼女との出会いを思い起こした。 伸一が役員のメンバーなどを励ますために構内を回っていた時、凜とした声であい …

no image

正義24 小説「新・人間革命」27巻

一九七七年(昭和五十二年)の一月十五日、山本伸一は第九回教学部大会で、「仏教史観を語る」と題して記念講演を行った。 この講演で彼は、「宗教のための人間」から、「人間のための宗教」への大転回点こそ、仏教 …

no image

正義56 小説「新・人間革命」27巻

入会した波多光子に、露崎アキは、勤行とともに弘教に励むことの大切さを力説した。 「日蓮大聖人の仏法は、自行化他にわたる信心や。自分も、周りも、共に幸せにならんと、本当の幸せはないやろ。 たとえば、周り …

no image

正義55 小説「新・人間革命」27巻

波多光子は、七十六歳であった。 山本伸一は、彼女が入会にいたった経緯や、広宣流布の苦闘の幾山河について、次々と尋ねていった。 波多の体験を通して、集ってきた同志と共に、「本当の信心とは何か」を確認して …