正義

正義51 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月3日 更新日:

「三重文化合唱祭」の舞台は、婦人部の合唱「今日も元気で」となった。婦人部員の満面の笑みが開花し、あの限りなく明るく、軽やかな調べが流れた。
三重の婦人部員にとって、それは“喜びの歌”であり、“勝利の歌”であった。
皆、はつらつと、誇らかに、胸を張って熱唱していった。嬉し涙に目を潤ませて歌う人もいた。
  
  真昼の太陽 身に受けて 汗にまみれて ペダルもかるく 幸せ求める 幾山河……
  
歌に合わせて、参加者の打つ力強い手拍子が広がった。
空は、雲に覆われていたが、婦人たちの心は、晴れやかであった。仏法という太陽をいだく人の心には、一点の雲もない。
午後の部には、宗門の支院長や住職ら僧侶と、その家族も招待していた。
山本伸一は、演目の合間には、隣の席にいた支院長に何度も礼を言い、歌の説明などもした。
「それぞれの学会歌には、皆の深い思い出があります。
──折伏に行って、誠実に、懸命に仏法を語り説く。しかし、水や塩を撒かれて追い返される。
時には終電車に乗り遅れ、一時間、二時間とかけて、歩いて帰らなければならないこともある。
その時に、学会歌を歌いながら、自らを鼓舞してきたんです。
みんなが、そうした体験をもっています。
学会員は、ただただ、広宣流布のために、死身弘法の心で生き抜いてきたんです。
私は、そこに、現代における如来の使いの姿を見る思いがします。
どうか、ご僧侶の皆さんも、健気な学会員を、衣の袖で包み込むように、慈愛を注ぎ、温かく励ましていただきたいんです」
伸一は、ありのままの創価の世界を、本当の学会の心を、真実の同志の姿を、全精魂を注いで、語り、訴えた。

-正義
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義10 小説「新・人間革命」27巻

「仏教の極意たる『妙法』が万民必然の生活法則たることを、科学的に実験証明しよう」 (注1)──それが、牧口常三郎の企図であった。 そして、妙法は、「数万の正証反証(幸不幸)の累積によつて、単なる哲学的 …

no image

正義16 小説「新・人間革命」27巻

笠原慈行は、学会が彼の誤りを正したことを、暴行や傷害事件に仕立て上げて喧伝し、パンフレットまで配布したのだ。 宗門では、臨時宗会を開いて、笠原に謝罪させたことを取り上げ、信徒が、大法会の最中に「僧侶」 …

no image

正義4 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、世界広宣流布を推進する一方で、世界の指導者たちと本格的な対話を重ねた。 特に、SGI結成の前年にあたる一九七四年(昭和四十九年)には、日中、日ソの新たな友好の道を開くとともに、中ソ紛争の解 …

no image

正義64 小説「新・人間革命」27巻

支部婦人部長の多喜川睦は、さきほどまで山本伸一が訪れていた三沢宅にいた。 彼女も三沢宅での〝座談会〟に参加しており、終了後も、皆で伸一の指導を確認し合い、決意を語り合っていた。 そこに、一本の電話が入 …

no image

正義61 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、露崎アキと聞いて、二年前に三重研修道場が中部第一総合研修所としてオープンした折の、彼女との出会いを思い起こした。 伸一が役員のメンバーなどを励ますために構内を回っていた時、凜とした声であい …