正義

正義52 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月4日 更新日:

「三重文化合唱祭」の午後の部が始まる前から、糸のような雨が断続的に降っていた。 
文化合唱祭の最後に、山本伸一がマイクに向かった。
彼は、雨の中での出演者の熱唱と熱演を讃えたあと、出席した地域の来賓や僧侶らに深く感謝の意を表した。
そして、各部の友に、一言ずつ指針を贈った。
「ご結婚され、子どもさんのいらっしゃる婦人部の方々は、家庭にあっては、良き母であっていただきたい。
また、良き妻であり、明るく快活で賢明な主婦であっていただきたい。
自分の立場、自分の世界で、太陽のごとく、温かく皆を包みゆく人になっていくことが、信仰の実証になります。
また、壮年部の方々は、社会人として力ある存在になっていただきたい。
周囲から『さすがに信心している人は立派である』と言われ、信頼を勝ち取っていくことが、広宣流布なんです。
女子部の皆さんは、体を大事にし、聡明にして、花のごとく美しい人間性の輝きを放つ人であってください。
一輪の花が、人びとの心に希望の光を投げかけるように、『女子部員が一人いれば、皆が明るくなる』と言われる存在となるように祈っております。
男子部、そして、そのあとに続く学生部の諸君は、社会の各分野を担う名士に育っていただきたい。
君たちが社会で実力をつけた分だけ、学会の前進があるんです。
少年・少女部、中等部、高等部の諸君は、しっかり勉強してもらい『今に必ず立派な人になって親孝行してみせます』と、両親を安心させるようでなくてはいけない。諸君は、未来の人です。
学会の後継者です。私は、君たちのために道を開きます。
何ものも恐れません。創価のバトンを託します」
愛する法友の崩れざる幸せと、三重の広宣流布を願い、伸一は訴えた。一言一言に、万感の思いがこもっていた。
彼の胸中には、“何があろうが、わが同志は、断じて私が守り抜く”との決意の火が、赤々と燃え盛っていた。

-正義
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義33 小説「新・人間革命」27巻

一九七八年(昭和五十三年)の幕が開いた。 学会は、この年を、「教学の年」第二年とした。 山本伸一をはじめ創価の同志は、仏法の哲理を、社会、世界に大きく開き、広宣流布への前進を加速させようとの気概に燃え …

no image

正義44 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、広宣流布の大使命を担った、地涌の菩薩の集いである。 日蓮大聖人は、その実践について、「我もいたし人をも教化候へ」(御書一三六一p)と述べられている。 広宣流布をめざす自行化他の学会活動に励 …

no image

正義30 小説「新・人間革命」27巻

僧たちの仕打ちは冷酷であった。 福井県に住む婦人部員の夫が、信心することになった。夫人の念願が叶っての入会である。 入信の儀式の『御授戒』を受けるために、その夫妻に同行して、壮年・婦人の幹部も寺へ行っ …

no image

正義49 小説「新・人間革命」27巻

みずみずしい若葉が、中部の新生を感じさせていた。 四月二十二日午後、会長・山本伸一が出席して、名古屋市の中部文化会館で、四月度本部幹部会が晴れやかに開催された。 伸一の会長就任十八周年の「5・3」を目 …

no image

正義42 小説「新・人間革命」27巻

戸田城聖は、「創価学会の歴史と確信」(注)のなかで、学会は発迹顕本したとの確信に立って、大折伏大願成就のための御本尊を、法主・水谷日昇に請願したことを記述している。 日昇法主は、学会の決意を大賞讃して …