創価学会座談会参考資料

座談会の研究発表の参考にお使いください。

正義

正義54 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:

三沢カツ子の家は、伊勢と関西を結ぶ街道沿いにあり、かつて一帯は宿場で、三沢家も旅館を営んでいたという。
彼女は、午前中、「もし、よろしければ、お宅におじゃまさせていただきます」との山本伸一からの伝言を受けていた。
三沢の家の中には、文化合唱祭で使用した備品があふれていた。急いで大きな荷物だけは片付けたところへ、伸一たちが到着した。
玄関で出迎えたカツ子と夫の光也は、少し緊張しているようであった。
伸一は、夫妻に笑みを向け、光也と握手を交わした。
「今日は、御礼に伺いました。いつも婦人部がお世話になっております。ありがとうございます」
伸一たちは、仏間に案内された。部屋には、鴨居の上に、羽織姿の遺影が飾られていた。
光也の亡くなった父親であるという。
それを聞くと、伸一は言った。
「では、お父様の追善の勤行をしましょう」
厳かに勤行が始まった。
彼の訪問を聞いた近隣の学会員も、次々と集まってきた。仏間の隣の部屋は、人で埋まっていった。
勤行を終えた伸一は、皆に語った。
「せっかく皆さんがおいでくださったんですから、今日は座談会にしましょう」
皆が歓声をあげた。
光也は、追善の勤行のお礼を述べたあと、近所に住む、カツ子の母親の波多光子を紹介した。
「実は、私たち夫婦が信心するようになったのも、この義母のおかげなんです」
「初めまして、山本です。あなたが、地域広布にどれほど尽力されてきたかは、よく伺っています。お会いできて光栄です」
一家一族に、地域の人びとに、仏法を弘め抜いてきた功労者である。伸一は、立って仏を迎える思いで、深く頭を下げた。
弘教の実践者に最大の敬意を表するのが、仏法者の生き方である。

-正義
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義20 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、一九五二年(昭和二十七年)八月二十七日に都知事の認証を受け、九月八日に登記を終えて宗教法人「創価学会」が発足した。 これによって、在家信者による未聞の宗教運動の大道が開かれたのである。 つ …

no image

正義29 小説「新・人間革命」27巻

一九七六年(昭和五十一年)の半ばごろから、山脇友政は、法主につながる人脈をもつ若手の僧らに、デマを流していった。 「学会は、いよいよ宗門と対決する」「宗門を乗っ取って、支配する計画だ」──いずれも〓で …

no image

正義57 小説「新・人間革命」27巻

堺支部の幹部は、さらに話を続けた。 「経文に、御書に照らして、魔も、難も起こらない正法なんてありません。 難を避けるうまい方法はないかなどと考えてはだめです。覚悟を決めることですよ。 実は、魔にも、難 …

no image

正義43 小説「新・人間革命」27巻

どうすれば、一人ひとりが、強い確信をもつことができるのか──。 山本伸一は、さらに語っていった。 「一つには、信心の力を痛感する、生活のうえでの体験を、どれだけつかんでいくかです。 体験ある人は強い。 …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …