正義

正義55 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月7日 更新日:

波多光子は、七十六歳であった。
山本伸一は、彼女が入会にいたった経緯や、広宣流布の苦闘の幾山河について、次々と尋ねていった。
波多の体験を通して、集ってきた同志と共に、「本当の信心とは何か」を確認しておきたかったからである。
彼女は、伸一の質問に対して、「あのな、私はな」と、柔和な笑顔を輝かせながら語っていった。
戦争が終わり、平和と希望の時代が訪れることを期待していた時、杖とも柱とも頼む夫が、九人の子どもを残して他界する。
一番下の子は、まだ一歳であった。
波多は必死に生きた。貧しさのなかで、もがくような毎日であった。さまざまな信仰にもすがった。
水垢離もした。しかし、なんの希望も見いだせぬ、暗澹たる日々が続いた。
そんなころ、近所の人から、仏法についての話を聞いたのである。
一九五六年(昭和三十一年)の夏のことであった。
七十五万世帯の達成をめざす、広宣流布の弘教の潮は、三重の山村にも、滔々と広がっていたのだ。
波多に仏法の話をしたのは、露崎アキという婦人であった。
彼女は結婚して大阪で暮らしていたが、夫を亡くし、実家のあるこの白山町に帰ってきたのだ。
魚の行商をしながら、女手一つで三人の娘を育てる苦労人であった。
露崎は、入会間もなかったが、「絶対に、幸福になれる信心やに」と、確信をもって訴えるのである。
波多は思った。
「この人は、私と同じような境遇なのに、なんでこんなに、明るいんやろう。学会の信心の力なんやろうか……」 
露崎の確信と、生き生きとした姿に魅了され、波多は入会を決意したのである。
経済的な豊かさを手に入れることも、信心の実証にはちがいない。
しかし、最重要の実証とは、何があっても負けることのない、人間としての強さと、人を思いやる心をもち、はつらつとした生き方を確立することだ。
生命の輝き、人格の輝きを発することだ。

-正義
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義11 小説「新・人間革命」27巻

牧口常三郎の起こした創価教育学会の宗教運動は、長く民衆を支配してきた僧侶によるものではなく、在家、民衆の手による宗教革命であった。 牧口は、日蓮正宗も、時代の変遷のなかで、儀式主義に陥り、葬式仏教化し …

no image

正義59 小説「新・人間革命」27巻

三重研修道場周辺の地域に住む人たちの多くが、波多光子と露崎アキの弘教である。 三沢光也の父も、波多の勧めで入会したという。肝臓と胆嚢を病み、「もう長くはない」と周囲の人たちが噂し合っているなかで、信心 …

no image

正義15 小説「新・人間革命」27巻

笠原慈行は、「神本仏迹論」を唱え、不敬罪で大石寺を告訴した。 それによって軍部政府は、果敢に折伏を行っていた学会に目を付け、弾圧を開始するにいたり、牧口常三郎は獄死することになるのだ。 戸田城聖は、笠 …

no image

正義16 小説「新・人間革命」27巻

笠原慈行は、学会が彼の誤りを正したことを、暴行や傷害事件に仕立て上げて喧伝し、パンフレットまで配布したのだ。 宗門では、臨時宗会を開いて、笠原に謝罪させたことを取り上げ、信徒が、大法会の最中に「僧侶」 …

no image

正義14 小説「新・人間革命」27巻

戸田城聖が学会の再建に踏み出した時、組織は壊滅状態に陥っていた。 そのなかから再出発した在家の団体が、戸田の指導のもとに年ごとに力を蓄え、七十五万世帯という未曾有の大折伏を展開しようというのである。 …