正義

正義57 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月10日 更新日:

堺支部の幹部は、さらに話を続けた。
「経文に、御書に照らして、魔も、難も起こらない正法なんてありません。
難を避けるうまい方法はないかなどと考えてはだめです。覚悟を決めることですよ。
実は、魔にも、難にも、大きな意味があるんです。大聖人が、『魔競はずは正法と知るべからず』(御書一〇八七p)と言われているように、魔が競い起こるか否かによって、その教えが正しいかどうか、自分の信心が本物かどうかを、見極めることができるんです。
また、正法を流布して法難に遭うことによって、過去世からの悪業を今世で消して、一生成仏することができる。
だから、難を呼び起こしていく信心が大事なんです。
もちろん、配慮を欠く非常識な言動で、無用な摩擦を生むようなことは、厳に慎まなければなりません。
しかし、どんなに慎重に誠心誠意、対応しても、正法を弘めるならば、必ず難は起こります。
その理由は、この世界は第六天の魔王の所領であり、そこに、妙法受持の人が現れ、浄土に変えようというのだから、難が競い起こるのは当然なんです」
法難を回避することはできない。ゆえに大聖人は、「日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず」(同一二八二p)と叫ばれたのだ。
しかし、大聖人の門下のなかにも、正義ゆえに大難が競い起こることを、受けとめられぬ者がいた。
師である大聖人が、竜の口の法難、佐渡流罪と、命に及ぶ大難に遭うと、恐れと、師への不信をいだいたのだ。
彼らは、「日蓮御房は師匠にておはせども余にこは(剛)し我等はやは(柔)らかに法華経を弘むべし」(同九六一p)と言いだしたのだ。
経文の随所に、法難が起こることは間違いないと記されているにもかかわらず、大聖人の折伏が剛直すぎるからだと、法華経の行者である師を批判したのだ。
退転の本質は、臆病であり、保身にある。
しかし、自己を正当化するために、問題を方法論などにすり替えて、正義の人を攻撃するのが、退転の徒の常套手段である。

-正義
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義44 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、広宣流布の大使命を担った、地涌の菩薩の集いである。 日蓮大聖人は、その実践について、「我もいたし人をも教化候へ」(御書一三六一p)と述べられている。 広宣流布をめざす自行化他の学会活動に励 …

no image

正義30 小説「新・人間革命」27巻

僧たちの仕打ちは冷酷であった。 福井県に住む婦人部員の夫が、信心することになった。夫人の念願が叶っての入会である。 入信の儀式の『御授戒』を受けるために、その夫妻に同行して、壮年・婦人の幹部も寺へ行っ …

no image

正義53 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、文化合唱祭のあと、出席した僧侶と懇談会をもった。 彼は、“学会は、どこまでも広宣流布のために、死身弘法の誠を尽くしながら、宗門を守り抜く決意であり、さらに連携を取り合い、前進していきたい” …

no image

正義49 小説「新・人間革命」27巻

みずみずしい若葉が、中部の新生を感じさせていた。 四月二十二日午後、会長・山本伸一が出席して、名古屋市の中部文化会館で、四月度本部幹部会が晴れやかに開催された。 伸一の会長就任十八周年の「5・3」を目 …

no image

正義9 小説「新・人間革命」27巻

牧口常三郎は、一九二八年(昭和三年)、日蓮仏法に深く感銘し、日蓮正宗信徒として信仰の歩みを踏み出す。 しかし、牧口は、既成仏教化した宗門の信心の在り方、つまり「寺信心」に甘んじようとしたのではない。 …