正義

正義60 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月13日 更新日:

波多光子は、自分としては、露崎アキと二人で一生懸命に葬儀を執り行ったつもりであった。
しかし、それでも歳月を経るごとに、「本当にあんなんで、よかったんやろうか。
故人の一家に惨めな思いをさせたのではないか」という気持ちが、心の底に、澱のようにたまっていったのである。
山本伸一は、彼女の話を聴き終わると、大きく頷いた。
「おばあちゃんは偉い! 最も清らかで、尊い、真心の葬儀です。それが本当の葬儀です。故人も、最高に喜んでいるでしょう。
あなたは、広宣流布の大功労者です」
そして、同行のらに語った。
「君たちは、大学を出て、若くして幹部になったことで、自分は偉いかのように思ったりしてはいけません。
そんな考えが微塵でもあるなら、既に生命が慢心に毒されている証拠です。
君たちには、広布に命をかけてきた、このおばあちゃんのような戦いはできていないではありませんか!
誰が、本当に広宣流布をしてくださっているのか、学会を支えてくださっているのか──私は、じっと見ています。
もしも、主義がまかり通り、捨て身になって戦いもせず、人の努力を自分の手柄のように報告だけしている者がリーダーになって君臨していけば、真面目な会員がかわいそうです。そんな創価学会にしてはならない」
厳しい口調であった。
それから伸一は、包み込むような笑みを、波多に向けて言った。
「おばあちゃん、ほかに何かありますか」
瞬間、彼女の表情が曇った。
「先生。実はな、私をしてくれた露崎アキさんが、心臓病で入院しとりますんや。
あの人はな、私なんどより、もっともっと信心でな。『先生に会いたい、会いたい』と、いつも言うとりました。
元気なら、今日、一緒に、先生とお会いできましたのにな」
を思う謙虚なであった。謙虚さはの高さ、大きさの表れといえよう。

-正義
-,

執筆者:

関連記事

no image

正義1小説「新・人間革命」

 創価学会の使命は、世界広宣流布にある。法華経の精髄であり、一切衆生の成仏得道の大法である日蓮大聖人の仏法を、人びとの胸中に打ち立て、崩れざる世界の平和と、万人の幸福を実現することにある。  大聖人は …

no image

正義19 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、宗教法人設立の準備に着手し、宗教法人法に基づき、一九五一年(昭和二十六年)十一月一日付「聖教新聞」に設立公告を掲載した。 十二月半ば、宗門は、戸田城聖に総本山の宗務院へ来るように伝えてきた …

no image

正義50 小説「新・人間革命」27巻

本部幹部会の翌日にあたる四月二十三日、三重研修道場(旧・中部第一総合研修所)の白山公園で、初の「三重文化合唱祭」が、「創価の歌声で開く万葉の天地」をテーマに、はつらつと開催された。 この文化合唱祭は、 …

no image

正義31 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、固く心に決めていた。 「尊き仏子が、悪侶から不当な仕打ちを受け、苦しむような事態だけは、いっときも早く収拾させなければならない。 広宣流布にかかわる根本問題については、一歩たりとも引くわけ …

no image

正義33 小説「新・人間革命」27巻

一九七八年(昭和五十三年)の幕が開いた。 学会は、この年を、「教学の年」第二年とした。 山本伸一をはじめ創価の同志は、仏法の哲理を、社会、世界に大きく開き、広宣流布への前進を加速させようとの気概に燃え …