正義

正義61 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月14日 更新日:

山本伸一は、露崎アキと聞いて、二年前に三重研修道場が中部第一総合研修所としてオープンした折の、彼女との出会いを思い起こした。
伸一が役員のメンバーなどを励ますために構内を回っていた時、凜とした声であいさつをした老婦人がいた。
「先生! 露崎アキと申します。よろしくお願いいたします」
その時、三重の幹部から、彼女は地元の白山町の草分けとして、地域広布の開拓の鍬を振るい続けてきたと聞かされたのだ。
伸一は、明治生まれの、この老婦人の手を取りながら言った。
「本当に、ご苦労様です。あなたの今日までの苦闘が、研修所の完成として実を結んだんです。勝ちましたね」
すると露崎は、苦節の来し方を思い起こしたのか、目を潤ませた。
「尊い、“広布のお母さん”です。これまでに折伏はどのぐらいされたんですか」
伸一が尋ねると、彼女は誇らかに答えた。
「信心をした方は、百世帯は超えています。それ以上は、ちょっと数えきれません」
「そうですか! 偉大な功績です。敬意を表します。あなたのことは、一生、忘れません。
永遠の同志です。人びとの幸せのため、広宣流布のために流してこられた苦闘の汗は、すべて福運となります。
子孫末代までも繁栄していきます。
それが、仏法なんです。御本尊は、一切をご存じですよ」
伸一の言葉を聞くと、露崎の目から、涙があふれた。
──その露崎が入院中であることを、三沢宅で波多光子から聞いた伸一は、入院先の病院や病状について詳しく尋ねた。
そして、直ちに、伝言と見舞いの品を幹部に託した。
「瞬時」を逃さぬ、迅速な対応であった。
一つ一つの報告や情報に対して、いかに素早く、いかに的確な手を打っていくか
──そこに新しい価値の創造があり、一切を勝利へと導く力がある。
そして、その迅速さと的確さは、真剣さから生まれるのである。

-正義
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義9 小説「新・人間革命」27巻

牧口常三郎は、一九二八年(昭和三年)、日蓮仏法に深く感銘し、日蓮正宗信徒として信仰の歩みを踏み出す。 しかし、牧口は、既成仏教化した宗門の信心の在り方、つまり「寺信心」に甘んじようとしたのではない。 …

no image

正義21 小説「新・人間革命」27巻

宗門には、牧口常三郎の時代から、学会を正しく理解できず、蔑視したり、敵視したりする僧が少なくなかった。 しかし、牧口と戸田城聖の、死身弘法の実践と宗門への赤誠を見続けてきた法主たちは、創価の師弟に賞讃 …

no image

正義50 小説「新・人間革命」27巻

本部幹部会の翌日にあたる四月二十三日、三重研修道場(旧・中部第一総合研修所)の白山公園で、初の「三重文化合唱祭」が、「創価の歌声で開く万葉の天地」をテーマに、はつらつと開催された。 この文化合唱祭は、 …

no image

正義35 小説「新・人間革命」27巻

西欧の文化・芸術は、キリスト教という精神の水脈から創造の活力を得てきた。 また、日本にあっても、仏教のもと、絢爛たる白鳳文化が花開いたことは、よく知られている。 では、なぜ、宗教の土壌の上に、絵画や彫 …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …