正義

正義61 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月14日 更新日:

山本伸一は、露崎アキと聞いて、二年前に三重研修道場が中部第一総合研修所としてオープンした折の、彼女との出会いを思い起こした。
伸一が役員のメンバーなどを励ますために構内を回っていた時、凜とした声であいさつをした老婦人がいた。
「先生! 露崎アキと申します。よろしくお願いいたします」
その時、三重の幹部から、彼女は地元の白山町の草分けとして、地域広布の開拓の鍬を振るい続けてきたと聞かされたのだ。
伸一は、明治生まれの、この老婦人の手を取りながら言った。
「本当に、ご苦労様です。あなたの今日までの苦闘が、研修所の完成として実を結んだんです。勝ちましたね」
すると露崎は、苦節の来し方を思い起こしたのか、目を潤ませた。
「尊い、“広布のお母さん”です。これまでに折伏はどのぐらいされたんですか」
伸一が尋ねると、彼女は誇らかに答えた。
「信心をした方は、百世帯は超えています。それ以上は、ちょっと数えきれません」
「そうですか! 偉大な功績です。敬意を表します。あなたのことは、一生、忘れません。
永遠の同志です。人びとの幸せのため、広宣流布のために流してこられた苦闘の汗は、すべて福運となります。
子孫末代までも繁栄していきます。
それが、仏法なんです。御本尊は、一切をご存じですよ」
伸一の言葉を聞くと、露崎の目から、涙があふれた。
──その露崎が入院中であることを、三沢宅で波多光子から聞いた伸一は、入院先の病院や病状について詳しく尋ねた。
そして、直ちに、伝言と見舞いの品を幹部に託した。
「瞬時」を逃さぬ、迅速な対応であった。
一つ一つの報告や情報に対して、いかに素早く、いかに的確な手を打っていくか
──そこに新しい価値の創造があり、一切を勝利へと導く力がある。
そして、その迅速さと的確さは、真剣さから生まれるのである。

-正義
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義10 小説「新・人間革命」27巻

「仏教の極意たる『妙法』が万民必然の生活法則たることを、科学的に実験証明しよう」 (注1)──それが、牧口常三郎の企図であった。 そして、妙法は、「数万の正証反証(幸不幸)の累積によつて、単なる哲学的 …

no image

正義4 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、世界広宣流布を推進する一方で、世界の指導者たちと本格的な対話を重ねた。 特に、SGI結成の前年にあたる一九七四年(昭和四十九年)には、日中、日ソの新たな友好の道を開くとともに、中ソ紛争の解 …

no image

正義3 小説「新・人間革命」27巻

第一回「世界平和会議」の席上、国際仏教者連盟(IBL)が発足し、会長に山本伸一が、名誉総裁に日達法主が就いた。 また、この席で、全参加者の懇請と総意によって創価学会インタナショナル(SGI)が結成され …

no image

正義36 小説「新・人間革命」27巻

妙楽大師の言葉に、「礼楽前きに馳せて真道後に啓らく」(御書一八七p)とある。 「礼楽」とは、「礼儀」と「音楽」のことで、中国の伝統的な生活規範である。 「礼」は、行いを戒め、社会の秩序を生み出し、「楽 …

no image

正義5 小説「新・人間革命」27巻

日蓮大聖人は仰せである。 「大悪は大善の来るべき瑞相なり、一閻浮提うちみだすならば閻浮提内広令流布はよも疑い候はじ」(御書一四六七p) ──大悪は、大善が来る前兆である。一閻浮提すなわち全世界がひどく …