正義

正義7 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月10日 更新日:

学会は、万人に「」を見る日蓮仏法の正義を叫び続けてきた。
それは、戦時下での恒久平和への根源的な思想闘争であった。
だが、軍部政府の弾圧の嵐が創価教育学会を襲い、会長・牧口常三郎、理事長・戸田城聖らが逮捕されると、迫害を恐れて、多くの退転者が出たのである。
結局、不惜身命の決意で正法正義を守り抜いたのは、牧口と戸田の師弟だけであった。
二人は、取り調べの場にあっても、堂々と仏法を語り説いていった。
久遠の誓いに結ばれた二人の絆は、殉難のなかで金色の光彩を放ち、永遠なる創価の師弟の大道を照らし出していったのである。
牧口と戸田の、この死身弘法の大精神が、未来永劫に脈動し続けていってこそ、創価学会の魂は受け継がれ、広宣流布の清流が、大河となって広がっていくのだ
──そう山本伸一は痛感していた。
精神の継承なき宗教は、儀式化、形骸化、権威化して魂を失い、衰退、滅亡していく。
日蓮大聖人は「ただ心こそ大切なれ」(御書一一九二p)と仰せである。
人間の一念、精神にこそ、広布前進の原動力がある。
ゆえに伸一は、諸会合などで、両会長の闘争と精神を訴え抜くとともに、末法広宣流布のうえで、二人が果たした甚深の意義についても、さまざまな角度から言及していった。
そして、両会長の遺徳を宣揚するとともに、その精神と実践を伝え残し、継承していくために、全国の主要会館等に恩師記念室を設置するよう提案し、推進してきた。
思えば、牧口、戸田の師弟が刻んできた学会の歩み自体が、「宗教のための人間」から、「人間のための宗教」の時代の幕を開く、宗教革命の歴史であった。
日本の既成仏教は、長い間、政治権力に与してきた。特に江戸時代になると、寺請制度によって大きな力を得た。
これは、人びとは各寺院の檀家となり、寺院は寺請証文を発給して、キリシタンなど幕府禁制の宗教や宗派の信徒ではないことを証明する制度であった。

-正義
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義41 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、この日、法難の地・伊豆で、最も訴えたかったことは、「確信こそ、信仰の根本である」ということであった。 戸田城聖は、第二代会長に就任して間もない一九五一年(昭和二十六年)夏、「創価学会の歴史 …

no image

正義25 小説「新・人間革命」27巻

宗門の僧たちが学会を攻撃する際に、盛んに語っていたのが、「学会は会長本仏論を説いている」ということであった。 学会では、会長が「本仏」などと言ったことは一切なかった。 一部の幹部らの発言に誤解を招く表 …

no image

正義35 小説「新・人間革命」27巻

西欧の文化・芸術は、キリスト教という精神の水脈から創造の活力を得てきた。 また、日本にあっても、仏教のもと、絢爛たる白鳳文化が花開いたことは、よく知られている。 では、なぜ、宗教の土壌の上に、絵画や彫 …

no image

正義8 小説「新・人間革命」27巻

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、奉公、住居の移転なども必要であった。 いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。 人びとは、 …

no image

正義2 小説「新・人間革命」27巻

ロシアの作家・チェーホフは記した。 「新しい生活のあけぼのが輝いて、正義が凱歌を奏する時が必ず来る」(注) 一九七八年(昭和五十三年)四月、創価学会は、山本伸一の第三代会長就任十八周年を目前にして、民 …