正義

正義8 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月11日 更新日:

各寺院の発給する寺請証文は、婚姻や旅行、、住居の移転なども必要であった。
いわば、寺院は、戸籍係の役割を担い、徳川幕府のもとで民衆の支配機構として絶大な権力を振るうようになっていった。
人びとは、個人の意思とは関係なく、先祖代々の寺に所属し、宗旨寺院を替えることは、原則、できなかったのである。
さらに寺院は、葬儀などの法事、儀式を執り行うことによって、布施、供養を得て、富を手にしていく。
権力と富を保障された僧侶は、真実の仏の教えを探究して切磋琢磨し合う求道の息吹を失い、腐敗、堕落していった。
また、檀信徒を下に見る僧侶中心主義に陥り、葬儀や先祖供養などの儀式を重視する葬式仏教へと、仏教そのものを大きく変質させていったのである。
明治の初めに、寺請制度はなくなったものの、権威の衣をまとって民衆を睥睨する、
仏教界の体質は変わらなかった。
また、時の政策で僧侶の妻帯が認められると、それを受け入れ、世俗にまみれていったのである。
苦悩する人びとの、魂の救済に励むこともせず、儀式を執り行う形式・形骸化した宗教が、日本の仏教界の実態であった。
福沢諭吉は、その姿を「日本国中既に宗教なしと云ふも可なり」(注)と喝破している。
宗門も、例外ではなかった。
寺請制度のなかで葬式仏教化し、明治に入って条件付きながら信教の自由が認められても、僧侶が折伏・弘教に奔走する姿は、ほとんど見られなかった。
広宣流布という日蓮大聖人の御精神は、まさに絶えなんとしていたのである。
仏法は、常住不変であり、法それ自体が滅することはない。
しかし、その正法を継ぐべき者が、大聖人の御遺命である広宣流布を忘れ、死身弘法の大精神を失ってしまえば、それは、事実上の法滅である。
まさに、その法滅の危機のなか、さっそうと出現し、広宣流布の大願実現に立ち上がったのが、創価の師弟であった。

■引用文献
福沢諭吉著『文明論之概略』岩波書店

-正義
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義25 小説「新・人間革命」27巻

宗門の僧たちが学会を攻撃する際に、盛んに語っていたのが、「学会は会長本仏論を説いている」ということであった。 学会では、会長が「本仏」などと言ったことは一切なかった。 一部の幹部らの発言に誤解を招く表 …

no image

正義6 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、「広布第二章」の世界広宣流布にあたって、最も力を注いできたのは、教学の深化と展開であった。 日蓮大聖人が示された永遠不変の妙法の法理を探究し、御本仏の大精神に立ち返り、それを万人にわかりや …

no image

正義49 小説「新・人間革命」27巻

みずみずしい若葉が、中部の新生を感じさせていた。 四月二十二日午後、会長・山本伸一が出席して、名古屋市の中部文化会館で、四月度本部幹部会が晴れやかに開催された。 伸一の会長就任十八周年の「5・3」を目 …

no image

正義55 小説「新・人間革命」27巻

波多光子は、七十六歳であった。 山本伸一は、彼女が入会にいたった経緯や、広宣流布の苦闘の幾山河について、次々と尋ねていった。 波多の体験を通して、集ってきた同志と共に、「本当の信心とは何か」を確認して …

no image

正義27 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、荒れ狂う社会にあって、現実の大地にしっかりと足をつけ、人びとと同苦し、仏法を生活に即して語りながら、広宣流布の新しき地平を開いてきた。 しかし、広布への責任と使命を自覚できない僧には、社会 …