正義

正義9 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年1月13日 更新日:

牧口常三郎は、一九二八年(昭和三年)、日蓮仏法に深く感銘し、日蓮正宗信徒として信仰の歩みを踏み出す。
しかし、牧口は、既成仏教化した宗門の信心の在り方、つまり「寺信心」に甘んじようとしたのではない。
本来の日蓮大聖人の教えに立ち返り、その御精神のままに、真正の日蓮門下の大道を歩もうとしたのである。
一九三〇年(同五年)十一月十八日、牧口と弟子の戸田城聖によって、創価教育学会が創立される。
それは当初、仏法を根底とした教育改革を掲げてスタートする。
だが、教育に限らず、仏法こそ、「吾々の生活法の総体的根本的のものである」(注1)ことから、宗教革命を全面に押し出した活動へと移行していく。
四一年(同十六年)に創刊された創価教育学会の機関紙「価値創造」第一号には、同会の綱領が掲載されている。
そのなかには、次の一文も見られる。
「『慈なくして詐り親しむは即ち是れ彼が怨なり。彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり』といふ法華経の真髄に従ひ、化他によつての自行を励み以て生活革新の実証をなすを会員の信条とす」(注2)
そこには、自行のみならず、化他の仏道修行、すなわち折伏・弘教の実践が明確に示されている。
信教の自由が脅かされた戦時下で、学会は、折伏・弘教を活動の柱としたのだ。
まさに、広宣流布を御遺命とされた日蓮大聖人の大精神の継承であり、途絶えんとしていた信心の命脈の蘇生であった。
さらに特筆すべきは、その活動の眼目を、「生活革新の実証」に置いたことである。
日蓮仏法の実践によって各人が生活を革新し、それぞれがかかえる苦悩を解決して、幸福を築き上げていけることを、実験証明しようとしたのだ。
人びとの苦悩から目をそらした宗教は、既に死せる宗教である。悩める人びとに寄り添い、共に生きてこそ、真実の宗教なのだ。

-正義
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

正義52 小説「新・人間革命」27巻

「三重文化合唱祭」の午後の部が始まる前から、糸のような雨が断続的に降っていた。  文化合唱祭の最後に、山本伸一がマイクに向かった。 彼は、雨の中での出演者の熱唱と熱演を讃えたあと、出席した地域の来賓や …

no image

正義58 小説「新・人間革命」27巻

いかに時代は変わろうが、信心ある人には、広宣流布の前進あるところには、必ず魔が競い、難が襲う。 波多光子は、周囲のいかなる仕打ちにも、迫害にも挫けまいとの決意を固めた。 入会した友を、その決意に立たせ …

no image

正義26 小説「新・人間革命」27巻

一九七七年(昭和五十二年)の三月、学会は、これまでの御観念文に、創価学会の興隆祈念、初代会長・牧口常三郎と二代会長・戸田城聖への報恩祈念の記載を加える発表をした。 かねてから学会本部には、「勤行の際に …

no image

正義45 小説「新・人間革命」27巻

静岡指導を終えた山本伸一は、四月二十一日午後、中部指導に向かった。 夕刻、中部入りした伸一は、午後六時前から、愛知、三重、岐阜の代表幹部と懇談会をもった。 参加者からは、この年一月の支部制発足以来、大 …

no image

正義19 小説「新・人間革命」27巻

創価学会は、宗教法人設立の準備に着手し、宗教法人法に基づき、一九五一年(昭和二十六年)十一月一日付「聖教新聞」に設立公告を掲載した。 十二月半ば、宗門は、戸田城聖に総本山の宗務院へ来るように伝えてきた …