5.3 激闘

「人生は闘争であり、また、いつまでも闘争であるべきである」激闘1 新・人間革命 27巻

投稿日:2014年3月21日 更新日:

 闘争のなかに前進がある。

 闘争のなかに成長がある。

 闘争のなかに希望がある。

 闘争のなかに歓喜がある。

 ヨーロッパ統合の父クーデンホーフ・カレルギーは、信念の言葉を記した。

 「人生は闘争であり、また、いつまでも闘争であるべきである」(注)

 さあ、闘争を続けよう!

 自分自身との闘争を!

 宿命との闘争を!

 大宇宙に遍満する魔性の生命との闘争を! 広宣流布の大闘争を!

 新しき人生の旅が、今、始まるのだ。

  

 山本伸一の会長就任十八周年となった、一九七八年(昭和五十三年)五月三日、全国各地の会館で、「」を祝賀する記念勤行会が、晴れやかに開催された。

 この日午前、伸一は、東京・立川文化会館での勤行会に出席した。

 「皆様のおかげで、会長就任十八周年を迎えることができ、御礼、感謝申し上げます。

 広宣流布の流れは、〝大河〟の時代から、〝大海〟へと向かっております。大海原の航海には、激しい風雨も、怒濤もあることを覚悟しなければなりません。

 しかし、競い起こる諸難は、経文に、御書に照らして、正義の信仰を貫いている証明です。大聖人は、『大難来りなば強盛の信心弥弥悦びをなすべし』(御書一四四八㌻)と仰せです。強き信心があれば、大難に遭おうとも、むしろ仏法への確信を強くし、歓喜をもたらしていきます。『衆生所遊楽』とは、難がないということではない。何があっても恐れることなく、日々、信心の歓喜を胸に、すべてを悠々と乗り越えていける境涯の確立です。

 私たちは、いよいよ信心強盛に、何ものをも恐れず、満々たる功徳を受けながら、楽しい人生を歩んでいこうではありませんか!」 簡潔なあいさつであったが、参加した同志の心を強く打つ指導となった。

-5.3, 激闘
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、「立正安国論」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。 「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教え …

no image

【随筆】民衆凱歌の大行進<5> 輝かしき五月の三日

随筆 2014年 5月2日 民衆凱歌の大行進<5> 輝かしき五月の三日 共戦の同志よ 正義の大道を断固と!  「よろこばしい青春よ きたれ ここに  そして見よ 明けはなれゆく朝を」  英国の詩人ブレ …

no image

「信心は、晩年が、総仕上げの時が大事」激闘24 小説「新・人間革命」27巻

林田清夫の、広宣流布への使命感、責任感は、人一倍強かった。しかし、自分が偉くなりたいなどという考えは全くなかった。ただ、どうやって皆に尽くし、皆の持ち味を生かしていくかに、心を砕いてきた。  それこそ …

no image

広宣流布はチームプレーが大切な戦い激闘30 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の言葉には、確信と情熱がほとばしっていた。  「広宣流布の組織のなかで、自行化他の実践を貫き通してこそ、一生成仏も、宿命の転換も可能になるんです。だからこそ、大聖人は『日蓮が一門となりとをし …

no image

「我もいたし人をも教化候へ」激闘29 小説「新・人間革命」27巻

学会員は皆、崇高な地涌の使命をもち、日蓮大聖人の御遺命である広宣流布を実現するために、創価の旗のもとに集った尊き勇者である――なればこそ山本伸一は、いかなる試練が競い起ころうが、一人たりとも、脱落させ …