5.3 激闘

広宣流布を決するのは総合力である。総合力とは団結力である。激闘2 新・人間革命27巻

投稿日:2014年3月22日 更新日:

山本伸一は、立川文化会館での記念勤行会を終えると、直ちに創価大学へ向かった。「5・3」のメーン行事となる、「創価功労賞」「」の表彰式典等に出席するためであった。草創期から、共に広宣流布に戦い抜いてくれた同志を、彼は、最高に讃え、励ましたかったのである。

学会の組織は、大きな世代交代の時期を迎えていた。広宣流布の未来を盤石なものにしていくには、続々と若いリーダーが誕生しなければならない。そこに組織の活性化も図られていく。その際、新しいリーダーが、功労者の先輩たちを最高に遇していけるかどうかが、広布伸展の重要なポイントになる。

具体的には、その組織に、どんな先輩がいるのかを知っていくことから始まる。

そして、一人ひとりにお会いし、敬意をもって、広宣流布とともに歩んだ体験に耳を傾け、そこから真摯に学んでいくことである。信仰の年輪を重ねた人には、実践を通して培われてきた、確信と智慧の輝きがある。

「尊敬を欠く人間は果実を実らせることができないだろう」(注)とは、詩人で小説家のリルケの戒めである。

さらに、どうすれば、その先輩がいかんなく力を発揮し、皆が喜び、地域広布が前進するのかを考えていくことだ。

学会は、人材の大城である。さまざまな力、実績をもった多くの功労者がいる。その方々に光を当てて、力を借りていくならば、組織は何倍も強くなる。

広宣流布を決するのは総合力である。総合力とは団結力である。

伸一が、会長就任十八周年のメーン行事を、功労者への表彰式典としたのも、””たちの広宣流布への大貢献に感謝するとともに、円熟した人格と豊富な経験を生かして、ますます広布前進の大きな力になっていただきたいとの思いからであった。

生涯を広宣流布に生き抜いてこそ、真の功労者である。後退は、自身の黄金の歴史を汚すことになる。

■引用文献

リールケ著『若き日の真実』森有正訳、角川書店

-5.3, 激闘
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

法華経の行者の実践は無限の可能性を開こうとするもの。激闘32 小説「新・人間革命」27巻

 第六天の魔王は、智慧の命を奪うところから、「奪命」といわれる。また、「他化自在天」ともいって、人を支配し、意のままに操ることを喜びとする生命である。  その結果、人びとの生命は萎縮し、閉ざされ、一人 …

no image

「信心強盛な人こそ、最も“富める人”」激闘26 小説「新・人間革命」27巻

 練馬文化会館の開館記念勤行会で山本伸一は、各部合唱団による合唱などのあと、懇談的に話を進めていった。  そして、イギリス人の性格を表す一つの事例として、「一人でいる時は退屈してしまう。二人になるとス …

no image

「穴が開いた容器で水を汲もうと思って奮闘しても、水が汲めない」激闘13 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、山本伸一から、「福運」という言葉を聞いた時、亡くなった兄のことを思い起こした。 兄は、東京物理学校(現在の東京理科大学)に学び、成績優秀で、家族の期 待を一身に担っていた。 両親は病弱で …

no image

〝今に見よ!〟との一念で、一生成仏の坂道を!激闘27 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、次のように話を結んだ。  「いかなる試練があろうとも、そのなかで苦労を重ね、同志を守り、仏道修行に励み抜いた人は、最後は必ず勝ちます。試練というのは、自分を磨き抜き、大きく飛躍していくため …

no image

私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。激闘5 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、力を込めて語っていった。  「また、私が創立した創価学園の生徒について、『私の命よりも大事である』と述べました。私は、自分をなげうっていくつもりで、こう訴えたんです。ありのままの、偽らざ …