激闘

「生涯、信行学の実践を」激闘3 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月24日 更新日:

 山本伸一が、創価大学の体育館で行われた表彰式典で強く訴えたことは、「生涯、信行学の実践を」ということであった。

 日蓮大聖人の仏法は、「本因妙」の仏法である。それは、私たちの生き方に当てはめていうならば、「生涯求道」「生涯精進」「生涯成長」ということである。

 大聖人は仰せである。

 「いよいよ強盛の信力をいた(致)し給へ」(御書一一四三㌻)、「弥法の道理を聴聞して信心の歩を運ぶべし」(同一四四〇㌻)、「いよいよ道心堅固にして今度・仏になり給へ」(同一一八四㌻)

 明日へ、未来へと、命ある限り法を求め、自分を磨き、鍛え、挑戦していく。それが、仏法者の生き方である。

 ゆえに、信心の功労者とは、過去の人ではない。未来に向かって、広宣流布のために、新たな挑戦をし続ける人である。

 表彰式典のあと、伸一は、創価大学の白ゆり合宿所で開催された、富士交響楽団の「5・3」記念演奏会に出席した。

 さらに翌四日には、在日ソ連大使館の関係者らと共に、創価大学の体育館での第二東京合唱祭に出席。五日には、同大学のブロンズ像前で、「創価学会後継者の日」を祝して、、中等部、少年・少女部の代表らと相次ぎ記念撮影したあと、グラウンドで行われた音楽隊の全国総会に臨んだ。

 席上、あいさつした伸一は、見事な演奏、演技を心から賞讃し、「世界の恒久平和のために、ひたすら諸君の成長を祈り、待っております。そして、一切を諸君にバトンタッチしたい」と訴えた。

 終了後、伸一は、観客席からグラウンドに降りた。大歓声が起こった。彼は出演者をはじめ、集った青年たちを励ましていった。

 この日は、北は北海道の網走、南は沖縄から、全国三千人の音楽隊員が集っていた。

 そのなかには、方面旗を両手で、終始、支え続けてきたメンバーもいた。また、中等部員の隊員もいた。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

『日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず』激闘33 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の十軍についての説明に、研修会参加者は目を輝かせて聴き入っていた。  「第五の『睡眠』は、睡魔のことです。たとえば“唱題しよう”“御書を学ぼう”とすると、眠気が襲ってくるという方もいると思い …

no image

“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”激闘4 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、グラウンドを回りながら、各方面の音楽隊長と握手を交わし、中等部の隊員を見つけると、歩み寄っては、両手を広げて、抱え込みながら語りかけた。  「すばらしい演技でした。勉強もしっかり頑張って …

no image

広宣流布を決するのは総合力である。総合力とは団結力である。激闘2 新・人間革命27巻

山本伸一は、立川文化会館での記念勤行会を終えると、直ちに創価大学へ向かった。「5・3」のメーン行事となる、「創価功労賞」「広布功労賞」の表彰式典等に出席するためであった。草創期から、共に広宣流布に戦い …

no image

法華経の行者の実践は無限の可能性を開こうとするもの。激闘32 小説「新・人間革命」27巻

 第六天の魔王は、智慧の命を奪うところから、「奪命」といわれる。また、「他化自在天」ともいって、人を支配し、意のままに操ることを喜びとする生命である。  その結果、人びとの生命は萎縮し、閉ざされ、一人 …

no image

私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。激闘5 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、力を込めて語っていった。  「また、私が創立した創価学園の生徒について、『私の命よりも大事である』と述べました。私は、自分をなげうっていくつもりで、こう訴えたんです。ありのままの、偽らざ …