激闘

練馬文化会館の開館記念勤行会 激闘10小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月1日 更新日:

 人と会い、誠意をもって対話していくなかで理解が生まれ、やがて、信頼と共感が芽生えていく。ゆえに、広宣流布のためには、粘り強い交流と語らいが大切になるのである。

 しかし、一部のマスコミ関係者が、政治的な意図や悪意をもって、初めから学会を中傷し、攻撃することを目的に、接触してくるケースもあった。誠実に応対しても、善意は踏みにじられ、発言は、ことごとく悪用された。

 それでも山本伸一は、学会の真実を伝えようと、真心を尽くして、マスコミ関係者との語らいに努めてきたのである。

 同志のなかへ、生命のなかへ。今こそ、一人でも多くの法友と会い、広宣流布への新しき誓願と共戦の旅立ちをしよう――山本伸一は走った。

 五月九日には、東京・練馬区に完成した練馬文化会館の開館記念勤行会に出席した。

 伸一の練馬区訪問は、一九七三年(昭和四十八年)一月の記念撮影会以来、五年ぶりであった。

 練馬区は、四七年(同二十二年)八月、東京・板橋区から分離し、都内二十三区のなかで最後に誕生した区である。四七年の八月といえば、伸一の入会と同じ年の同じ月である。東京・信濃町から練馬に向かう車中、彼は、そのことを思うと、一段と練馬に親しみが感じられてならなかった。

 午後二時過ぎ、練馬文化会館に到着した。会館は、鉄筋コンクリート造りの白亜の四階建てであった。会館の前を高速道路が走る一方、会館の後ろには、野菜畑が広がり、のどかな景観が伸一の心を和ませた。

 車を降りた彼は、道を挟んで会館の隣にある、学会員が営む製茶販売店に顔を出した。

 店先に、茶が飲めるようにテーブルと椅子が用意されていた。伸一は、店の人や、居合わせた婦人らに声をかけ、懇談が始まった。

 即席座談会である。一人ひとりの近況に耳を傾け、ねぎらい、励ます。広宣流布の志あるところ、人が集えば座談会となる。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

未来に希望を感じられるかどうか─激闘11 小説「新・人間革命」27巻

製茶販売店から練馬文化会館に移動した山本伸一は、記念植樹や婦人部の合唱団との記念撮影に臨み、さらに、三、四十人の幹部との懇談会に出席した。 草創期に、共に戦った人たちの顔もあった。 「懐かしいね。お元 …

no image

「喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある」激闘7 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、記者たちに、困難や苦労に立ち向かうことの大切さを語っていった。  「苦闘は、人間として大成していくうえで、必要不可欠です。それが、いかなる逆境にも負けない雑草のような強さを培っていくから …

no image

「心の師とはなるとも心を師とすべからず」激闘28 小説「新・人間革命」27巻

五月十三日、山本伸一は九州に飛んだ。  ”日本全国をくまなく回り、一人でも多くの同志と会って励まさねばならぬ!”  宗門の悪侶による学会誹謗に、苦しんでいる会員のことを思うと、伸一の胸は激しく痛むので …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

”一緒に行動する”ことが人材育成。激闘23 小説「新・人間革命」27巻

信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たち …