激闘

未来に希望を感じられるかどうか─激闘11 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月2日 更新日:

製茶販売店から練馬文化会館に移動した山本伸一は、記念植樹や婦人部の合唱団との記念撮影に臨み、さらに、三、四十人の幹部との懇談会に出席した。
草創期に、共に戦った人たちの顔もあった。
「懐かしいね。お元気そうで嬉しい」
伸一が声をかけたのは、かつて彼が支部長代理を務めた文京支部で、一緒に活動に励んだ金田都留子であった。
金田は、満面の笑みで一礼した。
彼女は、一九五三年(昭和二十八年)の五月、伸一が担当していた座談会に、未入会の姉と共に参加し、彼の話を聞いて、入会を決意したのである。
金田の夫は、勤めていた会社が倒産し、さらに結核を患った。
三人の子どものうち、小学一年になる長男は、結核、、大腸カタルにかかり、げっそりと痩せ細っていた。生活は困窮し、治療費はおろか、食費さえもままならぬ暮らしであった。
都留子は、何も希望を見いだすことができず、未来は暗澹としたものにしか思えなかった。
髪を整える気力も失せ、顔色は青白く、笑顔は絶えて久しかった。
「死にたい……」と、ため息交じりに日々を過ごした。
未来に希望を感じられるかどうか──そこに、幸福を推し量る一つの尺度があるといってよい。
未来が闇としか思えぬならば、心は不安に苛まれ、たとえ今、恵まれた環境下にあっても、幸せを感じることはできまい。
都留子が苦悩の渦中にあった時、姉が知人から学会の座談会に誘われた。
姉も戦争で夫を亡くしていたが、妹の方が不幸続きであると不憫に思い、都留子に声をかけたのだ。
「創価学会という宗教の会合があるそうだから、一緒に行ってみない。話を聞いて、もし良さそうだったら、あなたは、やってみたらどうかしら」
二人は、描いてもらった地図を頼りに、座談会場である東京・池袋の染物店を訪ねた。
会場は五十人ほどの人で埋まり、熱気にあふれていた。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。激闘5 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、力を込めて語っていった。  「また、私が創立した創価学園の生徒について、『私の命よりも大事である』と述べました。私は、自分をなげうっていくつもりで、こう訴えたんです。ありのままの、偽らざ …

no image

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。   …

no image

信心の王者こそ、人間王者。激闘35 小説「新・人間革命」27巻

十軍に関する山本伸一の講義は、いよいよ、第十の「自高蔑人」となった。  「これは、自ら驕り高ぶり、人を卑しむことです。つまり、慢心です。慢心になると、誰の言うことも聞かず、学会の組織にしっかりついて、 …

no image

「広宣流布の大師匠が誕生するのだ。弟子として」激闘18 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、地方指導にも喜々として参加した。山本伸一らと共に、静岡県藤枝方面の指導に行ったこともあった。 地元の幹部から、闘病中の会員がいることを聞いた伸一は、早速、翌朝には訪問し、激励した。 包み …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …