激闘

未来に希望を感じられるかどうか─激闘11 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月2日 更新日:

製茶販売店から練馬文化会館に移動した山本伸一は、記念植樹や婦人部の合唱団との記念撮影に臨み、さらに、三、四十人の幹部との懇談会に出席した。
草創期に、共に戦った人たちの顔もあった。
「懐かしいね。お元気そうで嬉しい」
伸一が声をかけたのは、かつて彼が支部長代理を務めた文京支部で、一緒に活動に励んだ金田都留子であった。
金田は、満面の笑みで一礼した。
彼女は、一九五三年(昭和二十八年)の五月、伸一が担当していた座談会に、未入会の姉と共に参加し、彼の話を聞いて、入会を決意したのである。
金田の夫は、勤めていた会社が倒産し、さらに結核を患った。
三人の子どものうち、小学一年になる長男は、結核、喘息、大腸カタルにかかり、げっそりと痩せ細っていた。生活は困窮し、治療費はおろか、食費さえもままならぬ暮らしであった。
都留子は、何も希望を見いだすことができず、未来は暗澹としたものにしか思えなかった。
髪を整える気力も失せ、顔色は青白く、笑顔は絶えて久しかった。
「死にたい……」と、ため息交じりに日々を過ごした。
未来に希望を感じられるかどうか──そこに、幸福を推し量る一つの尺度があるといってよい。
未来が闇としか思えぬならば、心は不安に苛まれ、たとえ今、恵まれた環境下にあっても、幸せを感じることはできまい。
都留子が苦悩の渦中にあった時、姉が知人から学会の座談会に誘われた。
姉も戦争で夫を亡くしていたが、妹の方が不幸続きであると不憫に思い、都留子に声をかけたのだ。
「創価学会という宗教の会合があるそうだから、一緒に行ってみない。話を聞いて、もし良さそうだったら、あなたは、やってみたらどうかしら」
二人は、描いてもらった地図を頼りに、座談会場である東京・池袋の染物店を訪ねた。
会場は五十人ほどの人で埋まり、熱気にあふれていた。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

『水すめば月うつる』-清らかな信心 激闘17 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、車中、金田都留子たちに、「日厳尼御前御返事」を講義し始めた。 「ここで、『叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず』(御書一二六二p)と大聖人が仰せのように、願いが叶うか叶わな …

no image

「人生は闘争であり、また、いつまでも闘争であるべきである」激闘1 新・人間革命 27巻

 闘争のなかに前進がある。  闘争のなかに成長がある。  闘争のなかに希望がある。  闘争のなかに歓喜がある。  ヨーロッパ統合の父クーデンホーフ・カレルギーは、信念の言葉を記した。  「人生は闘争で …

no image

“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”激闘4 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、グラウンドを回りながら、各方面の音楽隊長と握手を交わし、中等部の隊員を見つけると、歩み寄っては、両手を広げて、抱え込みながら語りかけた。  「すばらしい演技でした。勉強もしっかり頑張って …

no image

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、「立正安国論」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。 「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教え …

no image

「信心強盛な人こそ、最も“富める人”」激闘26 小説「新・人間革命」27巻

 練馬文化会館の開館記念勤行会で山本伸一は、各部合唱団による合唱などのあと、懇談的に話を進めていった。  そして、イギリス人の性格を表す一つの事例として、「一人でいる時は退屈してしまう。二人になるとス …