激闘

福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となる。激闘12 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月3日 更新日:

座談会場では、凜とした気品を漂わせた和服姿の婦人が、宗教の教えには、高低浅深があることを訴えていた。
文京支部長の田岡治子であった。
「人は、信じる対象によって大きな影響を受けます。
詐欺師を立派な人だと思い込めば、お金などを騙し取られてしまいます。
しかし、本当に優れた友だち思いの人を信じてついていけば、多くのことを学べますし、さまざまなアドバイスも受けられ、自身を向上させていくことができます。
また、間違った地図を正しいと信じれば、道に迷い、目的地には着けません。
でも、正しい地図を持ち、その通りに進めば、目的地に行くことができます。
ましてや宗教というのは、その人の生き方の根本となる教えです。
いわば、幸福をめざす地図です。
もし、誤った教えを正しいと信じてしまえば、人生を根本から狂わせてしまうことになりかねません。
だから、幸福を築くために
は、正しい宗教を信じる必要があるんです。宗教は、皆、同じであるなどということはありません」
さらに、彼女は、数ある宗教のなかで、なぜ、日蓮大聖人の仏法が最高の教えであるのかを、力を込めて語っていった。
金田都留子にとっては、初めて聞く話ばかりであったが、納得することができた。
そして、次に話をしたのが、文京支部長代理の山本伸一であった。彼は、二十五歳の青年であった。
伸一は、座談会に来た金田姉妹のうち、都留子のやつれた姿が気になって仕方がなかった。
力強い彼の声が響いた。
「多くの人は皆、幸せになろうと、自分なりに必死の努力をしています。
しかし、頑張ったからといって、皆が皆、必ずしも幸福になれるとは限らない。
では、同じように努力しても、成功し、幸せになれる人と、なれない人がいるのはなぜか。
それは、福運によるんです。自分に福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となっていきます」

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

信心の王者こそ、人間王者。激闘35 小説「新・人間革命」27巻

十軍に関する山本伸一の講義は、いよいよ、第十の「自高蔑人」となった。  「これは、自ら驕り高ぶり、人を卑しむことです。つまり、慢心です。慢心になると、誰の言うことも聞かず、学会の組織にしっかりついて、 …

no image

私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。激闘5 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、力を込めて語っていった。  「また、私が創立した創価学園の生徒について、『私の命よりも大事である』と述べました。私は、自分をなげうっていくつもりで、こう訴えたんです。ありのままの、偽らざ …

no image

“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”激闘4 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、グラウンドを回りながら、各方面の音楽隊長と握手を交わし、中等部の隊員を見つけると、歩み寄っては、両手を広げて、抱え込みながら語りかけた。  「すばらしい演技でした。勉強もしっかり頑張って …

no image

未来に希望を感じられるかどうか─激闘11 小説「新・人間革命」27巻

製茶販売店から練馬文化会館に移動した山本伸一は、記念植樹や婦人部の合唱団との記念撮影に臨み、さらに、三、四十人の幹部との懇談会に出席した。 草創期に、共に戦った人たちの顔もあった。 「懐かしいね。お元 …

no image

「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」激闘22 小説「新・人間革命」27巻

 座談会で言われたことを、林田清夫は、直ちに実行に移した。  早速、座談会の帰りに、自転車店を営む友人の家を訪ね、こう切り出した。  「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか …