激闘

「穴が開いた容器で水を汲もうと思って奮闘しても、水が汲めない」激闘13 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月4日 更新日:

金田都留子は、山本伸一から、「福運」という言葉を聞いた時、亡くなった兄のことを思い起こした。
兄は、東京物理学校(現在の東京理科大学)に学び、成績優秀で、家族の期
待を一身に担っていた。
両親は病弱であり、一家の暮らしは貧しかった。この兄を支えようと、姉も都留子も進学をあきらめ、働きに出た。
ところが、その兄が、卒業直前に結核に倒れた。喀血を繰り返し、五年間の療養生活の末に、二十八歳で他界したのだ。
死を前にして、兄は母に語っていた。
「人生って、なんて不公平なんだろう。若くして死ぬなら、生まれてこない方がよかった。
でも、そこにも、何か深い意味があるのかもしれない。
それを教えてくれる、人生をよりよく生きるための、正しい宗教があるように思う。それを探してほしい」
伸一は話を終えると、参加者から質問を受けた。
金田は、兄のことを語り、こう尋ねた。
「兄の言うような、正しい宗教が本当にあるのでしょうか。私には、人生も社会も不公
平だし、正直者が損をするのが、この世の中であるとしか思えません」
伸一は、大きく頷き、笑顔を向けた。
「そうですか。お兄さんは、最期まで、この日蓮大聖人の正法を探し求めていたんですよ。
ご冥福を祈ってあげてください。南無妙法蓮華経とお題目を唱えれば、全宇宙に、その力は波動していきます。
あなたも、ご苦労されたんですね。しかし、人間は、幸福になるために生まれてきたんですよ。
仏法によって、必ず幸せになれるんです。あきらめてはいけません。
一緒に信心なさいませんか。人生には、幸福になるための軌道があるんです。
それが大聖人の仏法です。正しい人生の軌道に乗ったうえでの苦労は、すべて実を結びます。
しかし、根本の軌道が誤っていれば、苦労も実りません。
穴が開いた容器で水を汲もうと思って奮闘しても、水が汲めないのと同じです」

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

広宣流布の道は魔との壮絶な闘争 激闘31 小説「新・人間革命」27巻

 五月十五日、山本伸一は、九州研修道場にあって、終日、研修会参加者らの激励に時間を費やした。そして、夕刻には、前日に引き続いて、自ら研修会を担当した。  彼は、「今日は、私どもの信心を妨げる第六天の魔 …

no image

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。   …

no image

広宣流布はチームプレーが大切な戦い激闘30 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の言葉には、確信と情熱がほとばしっていた。  「広宣流布の組織のなかで、自行化他の実践を貫き通してこそ、一生成仏も、宿命の転換も可能になるんです。だからこそ、大聖人は『日蓮が一門となりとをし …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

「信心の実証を示してこそ、個人指導が完結」激闘19 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、第三代会長に就任した一九六〇年(昭和三十五年)五月三日の本部総会の席上、大発展を遂げた文京支部は、三支部に分割された。 この時、金田都留子は、文京支部の常任委員から、新設された新宿支部の婦 …