激闘

『魔競はずは正法と知るべからず』激闘14 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月5日 更新日:

山本伸一は、金田都留子に、人には宿命があり、日蓮大聖人の仏法によって、その宿命を転換し、崩れざる幸福境涯を築けることなどを諄々と語っていった。
彼は、多くの辛酸をなめてきたであろう、この婦人に、なんとしても幸せになってほしかった。
折伏とは、相手の幸福を願う、強き一念の発露である。
金田は、山本伸一という初対面の青年に、真心と信仰への強い確信を感じた。
暗闇に閉ざされていた心に、パッと光が差したような気がした。
「お願いします。信心をさせてください」
思わず彼女は、こう口にしていた。
伸一は、金田に、静かな口調で語った。
「この信心をすると、必ず周囲の反対に遭います。魔が競い起こってきます。
それは、日蓮大聖人が『魔競はずは正法と知るべからず』(御書一〇八七p)と仰せのように、大聖人の仏法が正しいからなんです。
したがって、勇気がなければ、信心を貫いていくことはできません。
その覚悟は、おありですか」
「はい!」
金田は、「毎日、死にたいと思っているような人生ではないか。
それが転換できるのなら、誰に反対されようが、絶対に信心を貫いてみせる!」と、固く心に誓ったのである。
しかし、彼女を座談会に誘った姉は、入会しようとはしなかった。
金田は、真剣に信心に励んだ。
ほどなく、長男の結核の進行が止まった。学校にも通えるようになった。
彼女は、そこに、仏法の力を感じた。欣喜雀躍して、日々、勇んで学会活動に飛び出していった。
功徳の体験に勝る力はない。体験は確信を生み、その確信に満ちた実践が、また新たな体験を生み出していく。
入会して間もなく、彼女は、地区講義で伸一の「立正安国論」講義を聴いた。
大きな衝撃を受けた。目の覚める思いがした。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「人生は闘争であり、また、いつまでも闘争であるべきである」激闘1 新・人間革命 27巻

 闘争のなかに前進がある。  闘争のなかに成長がある。  闘争のなかに希望がある。  闘争のなかに歓喜がある。  ヨーロッパ統合の父クーデンホーフ・カレルギーは、信念の言葉を記した。  「人生は闘争で …

no image

”一緒に行動する”ことが人材育成。激闘23 小説「新・人間革命」27巻

信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たち …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

「広宣流布の大師匠が誕生するのだ。弟子として」激闘18 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、地方指導にも喜々として参加した。山本伸一らと共に、静岡県藤枝方面の指導に行ったこともあった。 地元の幹部から、闘病中の会員がいることを聞いた伸一は、早速、翌朝には訪問し、激励した。 包み …

no image

「信心強盛な人こそ、最も“富める人”」激闘26 小説「新・人間革命」27巻

 練馬文化会館の開館記念勤行会で山本伸一は、各部合唱団による合唱などのあと、懇談的に話を進めていった。  そして、イギリス人の性格を表す一つの事例として、「一人でいる時は退屈してしまう。二人になるとス …