激闘

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月7日 更新日:

山本伸一は、「」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。
「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教えではありません。
周囲の人びとも共に幸せになり、社会の繁栄があってこそ、自身の安穏、幸せもあると教えているんです。
たとえば、災害に遭って周りの人たちが苦しんでいれば、自分は無事でも、幸せを感じることなど、できないではありませんか。
ゆえに大聖人は、自分だけが題目を唱えていればよいというのではなく、折伏・弘教の実践を、仏道修行の要諦として示されているんです。
つまり、エゴイズムに安住するのではなく、人びとの幸福のために正法を弘めるなかに、自身の最高の幸福があるんです。
言い換えれば、日蓮大聖人の仏法は、折伏・弘教を掲げた広宣流布の宗教であることが、大きな特色といえます。
では、なんのための広宣流布か。
それは、「立正安国」のためです。「立正」とは、人びとの胸中に正法を打ち立てることであり、その帰結として、「安国」すなわち、社会の繁栄と平和を実現していくんです。
したがって、大聖人の仏法を持った私たちには、民衆が心から幸せであると言える社会を、建設していく使命があるんです。
社会を見てください。あまりにも多くの人びとが、貧乏、病気、家庭不和などに悩み苦しんでいるではありませんか!
世界を見てください。動乱、戦争が絶えないではありませんか!
この人びとの苦悩を解決するために、私たちは地涌の菩薩としての大使命をもって、この世に出現してきたんです。
私たちの日々の活動が、世界の未来を決していくんです」
金田都留子は、自分の世界が、大きく広がっていく思いがした。これまで、考えもしなかった壮大な歴史の流れのなかに、自分がいることを感じた。
人は、広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれるのだ。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「人生は闘争であり、また、いつまでも闘争であるべきである」激闘1 新・人間革命 27巻

 闘争のなかに前進がある。  闘争のなかに成長がある。  闘争のなかに希望がある。  闘争のなかに歓喜がある。  ヨーロッパ統合の父クーデンホーフ・カレルギーは、信念の言葉を記した。  「人生は闘争で …

no image

一生成仏をめざして仏道修行していくこと激闘34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一の指導は、具体的であった。  研修会メンバーは、わが身にあてはめ、時に大きく頷き、時に苦笑しながら、伸一の話に耳を傾けていた。  「怒りの心は、それ自体が悪いというのではありません。悪事に対し …

no image

「心の師とはなるとも心を師とすべからず」激闘28 小説「新・人間革命」27巻

五月十三日、山本伸一は九州に飛んだ。  ”日本全国をくまなく回り、一人でも多くの同志と会って励まさねばならぬ!”  宗門の悪侶による学会誹謗に、苦しんでいる会員のことを思うと、伸一の胸は激しく痛むので …

no image

未来に希望を感じられるかどうか─激闘11 小説「新・人間革命」27巻

製茶販売店から練馬文化会館に移動した山本伸一は、記念植樹や婦人部の合唱団との記念撮影に臨み、さらに、三、四十人の幹部との懇談会に出席した。 草創期に、共に戦った人たちの顔もあった。 「懐かしいね。お元 …

no image

「穴が開いた容器で水を汲もうと思って奮闘しても、水が汲めない」激闘13 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、山本伸一から、「福運」という言葉を聞いた時、亡くなった兄のことを思い起こした。 兄は、東京物理学校(現在の東京理科大学)に学び、成績優秀で、家族の期 待を一身に担っていた。 両親は病弱で …