激闘

「自分に勝つことが、一切の勝利につながる」激闘16 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月8日 更新日:

金田都留子は、自分も広宣流布の大理想を担う一人であると思うと、胸は高鳴り、体が打ち震える思いがした。
山本伸一は、彼女の心を察したかのように、微笑みを浮かべて語った。
「仏法を持った私たちの使命は、深く、大きい。広宣流布というのは、世界平和の実現がかかった、人類の命運を決する戦いなんです。
皆さんは、その壮大にして崇高な戦いを起こそうというのですから、自分の小さな悩みや苦しみに打ちひしがれ、意気消沈しているようなことがあってはなりません。
『全世界を征服せんとせば、まず汝みずからを征服せよ』(注)という言葉があります。
すべては、自己自身との戦いです。自分に勝つことが、一切の勝利につながっていくんです」
彼女は、伸一の講義に、大きな感動を覚えた。
その胸に、広宣流布への使命の灯火が、明々とともされたのである。
以来、金田は、喜々として周囲の人びとに仏法を語っていった。
彼女の姉は、日ごとに、はつらつとしていく妹の姿に驚き、信心を始めた。
また、都留子の夫も入会した。
人間革命の実証ほど、仏法の偉大さの証明となる力はない。
金田は、いつも「死にたい」と思っていた自分が、日々、歓喜に燃えて生きていることを、人に語らずにはいられなかった。
彼女は、弘教の闘士に育っていった。
文京支部は、北海道の夕張や、東海道本線の主要駅、東京の八王子などにも戦線を広げ、いくつもの活動拠点が誕生していた。金田は、電車やバスを乗り継ぎ、会員の激励にも奔走するようになっていった。
ある時、数人の婦人たちと、神奈川方面へ活動に出かけた。
帰りの電車で伸一と会った。
乗客は少なかった。彼は言った。
「ご苦労様です。せっかくですから、御書を勉強しましょう。
御書はお持ちですか」
皆、バッグから御書を取り出した。
「一二六二ページの『』を開いてください」

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

一生成仏をめざして仏道修行していくこと激闘34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一の指導は、具体的であった。  研修会メンバーは、わが身にあてはめ、時に大きく頷き、時に苦笑しながら、伸一の話に耳を傾けていた。  「怒りの心は、それ自体が悪いというのではありません。悪事に対し …

no image

「喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある」激闘7 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、記者たちに、困難や苦労に立ち向かうことの大切さを語っていった。  「苦闘は、人間として大成していくうえで、必要不可欠です。それが、いかなる逆境にも負けない雑草のような強さを培っていくから …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、「立正安国論」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。 「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教え …

no image

「信心の実証を示してこそ、個人指導が完結」激闘19 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、第三代会長に就任した一九六〇年(昭和三十五年)五月三日の本部総会の席上、大発展を遂げた文京支部は、三支部に分割された。 この時、金田都留子は、文京支部の常任委員から、新設された新宿支部の婦 …