激闘

『水すめば月うつる』-清らかな信心 激闘17 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月9日 更新日:

山本伸一は、車中、金田都留子たちに、「日厳尼御前御返事」を講義し始めた。
「ここで、『叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず』(御書一二六二p)と大聖人が仰せのように、願いが叶うか叶わないかは、ひとえに自身の信心の厚薄にかかっているんです。
そして、『水すめば月うつる』(同)と言われている。
澄んで静かな水には、月が美しく映りますが、水が濁って波立っていれば、月は映りません。
清らかで強い信心の人は、澄んで静かな水が、くっきりと月を映し出すように、大功徳を受けていくことができます。
しかし、弱い信心の人は、波立って濁った水のようなものです。
月を美しく映すことはできず、功徳に浴することはできません。
したがって、どこまでも清らかで、潔い信心を貫いていくことが大事なんです。
これから先、人生にも、学会にも、さまざまな試練の嵐が待ち受けているでしょう。
でも、何があろうが、学会から離れず、清らかな信心を貫き通していってください。
そうすれば、必ず大勝利の人生を生き抜くことができます。
「私は、誰よりも幸せだった。最高の人生だった」と、胸を張って言い切れる人生を送れます」
金田の心には、「清らかな信心」という言葉が、深く刻まれていった。
それは、彼女の生涯の指針となっていくのである。
また、車中で一生懸命に御書を講義する伸一の振る舞いから、彼女は、リーダーの在り方を学んだのである。
「山本支部長代理は、青年部の室長も兼務されている。激闘を重ねていらっしゃるだけに、車内では、ゆっくりと体を休めたかったにちがいない。
しかし、この時を逃すまいとするかのように、私たちのために、ずっと講義をしてくださった。
友のために、全精魂を尽くし抜いていくのがリーダーなんだ。
私も、そうしていこう。それが、ご期待にお応えする道ではないか……」

-激闘
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「我もいたし人をも教化候へ」激闘29 小説「新・人間革命」27巻

学会員は皆、崇高な地涌の使命をもち、日蓮大聖人の御遺命である広宣流布を実現するために、創価の旗のもとに集った尊き勇者である――なればこそ山本伸一は、いかなる試練が競い起ころうが、一人たりとも、脱落させ …

no image

広宣流布を決するのは総合力である。総合力とは団結力である。激闘2 新・人間革命27巻

山本伸一は、立川文化会館での記念勤行会を終えると、直ちに創価大学へ向かった。「5・3」のメーン行事となる、「創価功労賞」「広布功労賞」の表彰式典等に出席するためであった。草創期から、共に広宣流布に戦い …

no image

「病によりて道心はをこり候なり」激闘8小説「新・人間革命」27巻

苦闘は、精神を鍛え、人間力を培う父である。苦闘は、歓喜を生み出す母である。  山本伸一は、記者たちに語った。  「私は、青年たちに、苦闘を厭わぬ信念と哲学をもってほしいんです。苦労するのは辛いことです …

no image

「喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある」激闘7 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、記者たちに、困難や苦労に立ち向かうことの大切さを語っていった。  「苦闘は、人間として大成していくうえで、必要不可欠です。それが、いかなる逆境にも負けない雑草のような強さを培っていくから …

no image

法華経の行者の実践は無限の可能性を開こうとするもの。激闘32 小説「新・人間革命」27巻

 第六天の魔王は、智慧の命を奪うところから、「奪命」といわれる。また、「他化自在天」ともいって、人を支配し、意のままに操ることを喜びとする生命である。  その結果、人びとの生命は萎縮し、閉ざされ、一人 …