激闘

『水すめば月うつる』-清らかな信心 激闘17 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月9日 更新日:

山本伸一は、車中、金田都留子たちに、「」を講義し始めた。
「ここで、『叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず』(御書一二六二p)と大聖人が仰せのように、願いが叶うか叶わないかは、ひとえに自身の信心の厚薄にかかっているんです。
そして、『水すめば月うつる』(同)と言われている。
澄んで静かな水には、月が美しく映りますが、水が濁って波立っていれば、月は映りません。
清らかで強い信心の人は、澄んで静かな水が、くっきりと月を映し出すように、大功徳を受けていくことができます。
しかし、弱い信心の人は、波立って濁った水のようなものです。
月を美しく映すことはできず、功徳に浴することはできません。
したがって、どこまでも清らかで、潔い信心を貫いていくことが大事なんです。
これから先、人生にも、学会にも、さまざまな試練の嵐が待ち受けているでしょう。
でも、何があろうが、学会から離れず、清らかな信心を貫き通していってください。
そうすれば、必ず大勝利の人生を生き抜くことができます。
「私は、誰よりも幸せだった。最高の人生だった」と、胸を張って言い切れる人生を送れます」
金田の心には、「清らかな信心」という言葉が、深く刻まれていった。
それは、彼女の生涯の指針となっていくのである。
また、車中で一生懸命に御書を講義する伸一の振る舞いから、彼女は、リーダーの在り方を学んだのである。
「山本支部長代理は、青年部の室長も兼務されている。激闘を重ねていらっしゃるだけに、車内では、ゆっくりと体を休めたかったにちがいない。
しかし、この時を逃すまいとするかのように、私たちのために、ずっと講義をしてくださった。
友のために、全精魂を尽くし抜いていくのがリーダーなんだ。
私も、そうしていこう。それが、ご期待にお応えする道ではないか……」

-激闘
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

『苦難を避けるな。苦労しなさい。うんと悩みなさい』激闘6 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一が、「教育」を「教」と「育」に分け、特に「育てる」ことに力を注ごうと考えた背景には、彼の独自の教育観があった。  彼が知る限り、日本の教育は、知識、技術を教えることに力点が置かれていると言わ …

no image

“悩力”を身につけることこそ、人間の道を究める条件 激闘9小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、苦悩することの意味に思いをめぐらしながら、記者たちに語っていった。  「苦労せずしては、人の苦しみはわかりません。もしも、そんな指導者が社会を牛耳るようになれば、民衆が不幸です。だから私は …

no image

「自分に勝つことが、一切の勝利につながる」激闘16 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、自分も広宣流布の大理想を担う一人であると思うと、胸は高鳴り、体が打ち震える思いがした。 山本伸一は、彼女の心を察したかのように、微笑みを浮かべて語った。 「仏法を持った私たちの使命は、深 …

no image

「生涯、信行学の実践を」激闘3 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一が、創価大学の体育館で行われた表彰式典で強く訴えたことは、「生涯、信行学の実践を」ということであった。  日蓮大聖人の仏法は、「本因妙」の仏法である。それは、私たちの生き方に当てはめていうな …

no image

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、「立正安国論」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。 「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教え …