5.3 激闘

「広宣流布の大師匠が誕生するのだ。弟子として」激闘18 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月10日 更新日:

金田都留子は、地方指導にも喜々として参加した。山本伸一らと共に、静岡県藤枝方面の指導に行ったこともあった。
地元の幹部から、闘病中の会員がいることを聞いた伸一は、早速、翌朝には訪問し、激励した。
包み込むように、病状などを尋ねたあと、確信をみなぎらせ、朝晩の勤行の大切
さなど、信心の基本を語っていった。
同行した金田は、「御本尊の功徳に浴すことができない同志を、一人として出すまい」とする、伸一の強い慈愛を感じた。
「これが指導の心なのだ!」と思った。
金田だけでなく、伸一と一緒に活動に励んだメンバーは、彼の行動を通して、学会活動の在り方と、そこに込められた魂を体得していったのである。
金田たち文京支部の同志にとって、支部長代理の伸一と共に戦ったことが、最大の誉れであり、誇りであった。
一方、伸一も、健気な文京の友を頼もしく思い、深く敬愛していた。
彼らのためには、一切の労苦を惜しむまいと心に誓ってきたのである。
一九六〇年(昭和三十五年)五月三日、伸一は第三代会長に就任する。彼の会長就任が決まった時、文京支部員たちは喜びのなか、何をもって新会長誕生を祝賀すべきか考えた。
メンバーは、かつて伸一から聞いた、彼自身の体験を思い起こした。
──それは、戸田城聖が第二代会長に就任することが決まった時、伸一は、「広宣流布の大師匠が誕生するのだ。弟子として、それをお祝い申し上げるには、弘教しかない!」と決意する。そして、仏法対話を実らせ、戸田の会長就任式となった五一年(同二十六年)五月三日に、同じ会場で弘教した知人への御本尊授与が行われたという話である。
「私たちも、大折伏をもって、山本先生の会長就任を祝福しよう!」
すべてを弘教の活力にしていく──それが広宣流布の団体である学会の在り方である。
文京支部は疾駆した。四月度、見事にも弘教第一位の栄冠に輝いたのである。

-5.3, 激闘
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

信仰の強さは、苦難をうける覚悟。激闘36 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、朗々と、「富木殿御返事」の一節を拝していった。  「『但生涯本より思い切て候今に飜返ること無く其の上又遺恨無し諸の悪人は又善知識なり』(御書九六二ページ)  戸田先生が第二代会長に就任さ …

no image

神奈川・静岡合同協議会

神奈川・静岡合同協議会 私は、昭和54年5月3日、創価大学での儀式を終えて、その足で、一番はじめに来たのが、ここ神奈川文化会館であった。 到着したのは、午後6時59分。妻と一緒であった。 そこには、大 …

no image

練馬文化会館の開館記念勤行会 激闘10小説「新・人間革命」27巻

 人と会い、誠意をもって対話していくなかで理解が生まれ、やがて、信頼と共感が芽生えていく。ゆえに、広宣流布のためには、粘り強い交流と語らいが大切になるのである。  しかし、一部のマスコミ関係者が、政治 …

no image

“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”激闘4 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、グラウンドを回りながら、各方面の音楽隊長と握手を交わし、中等部の隊員を見つけると、歩み寄っては、両手を広げて、抱え込みながら語りかけた。  「すばらしい演技でした。勉強もしっかり頑張って …

no image

福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となる。激闘12 小説「新・人間革命」27巻

座談会場では、凜とした気品を漂わせた和服姿の婦人が、宗教の教えには、高低浅深があることを訴えていた。 文京支部長の田岡治子であった。 「人は、信じる対象によって大きな影響を受けます。 詐欺師を立派な人 …