激闘

「信心の実証を示してこそ、個人指導が完結」激闘19 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月11日 更新日:

山本伸一が、第三代会長に就任した一九六〇年(昭和三十五年)五月三日の本部総会の席上、大発展を遂げた文京支部は、三支部に分割された。
この時、金田都留子は、文京支部の常任委員から、新設された新宿支部の婦人部長となったのである。
当時、金田は東京の板橋区に住んでいた。新宿区内に住む地区部長が、自宅の一室を支部事務所として提供してくれた。
彼女は、ここを拠点にして活動に励んだ。そして、夕方には一度、自宅に戻って夕飯の支度をしてから、再度、支部事務所にやって来るのだ。
また、支部員宅を訪ねての個人指導に力を注いだ。タテ線時代のことであり、支部員は目黒、世田谷をはじめ東京各区や、千葉、神奈川など近県に散在し、長野県にもいた。
したがって、支部員宅の訪問も、電車やバスを乗り継がねばならず、日に二、三軒を回るのがやっとであった。
日々の交通費を工面するのも悩みの種であった。生活費は、節約に節約を重ねた。
彼女の家には電話がないため、連絡、報告も一苦労であった。冬の夜、寒さに震えながら、公衆電話の順番を待つこともあった。
しかし、指導・激励したメンバーが立ち上がり、功徳の体験を積み、「こんなに幸せになりました!」と報告に来る姿に接すると、すべての苦労は吹き飛んだ。
金田は、個人指導ノートを作り、会った人たちの状況や指導した内容などを、克明に記していった。
そして、一人ひとりが、かかえている悩みを克服できるように、真剣に題目を送るとともに、定期的に連絡を取った。
彼女は、こう考えていた。
「本人が苦悩を乗り越え、見事な信心の実証を示してこそ、個人指導が完結する!」
支部員の幸せを祈って生きていくなかで、彼女自身がたくさんの功徳を受けた。板橋区から、練馬区にある電話付きの大きな家に転居し、家族も皆、健康になっていた。
また、何よりも笑いの絶えない家庭になった。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

『苦難を避けるな。苦労しなさい。うんと悩みなさい』激闘6 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一が、「教育」を「教」と「育」に分け、特に「育てる」ことに力を注ごうと考えた背景には、彼の独自の教育観があった。  彼が知る限り、日本の教育は、知識、技術を教えることに力点が置かれていると言わ …

no image

「喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある」激闘7 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、記者たちに、困難や苦労に立ち向かうことの大切さを語っていった。  「苦闘は、人間として大成していくうえで、必要不可欠です。それが、いかなる逆境にも負けない雑草のような強さを培っていくから …

no image

「病によりて道心はをこり候なり」激闘8小説「新・人間革命」27巻

苦闘は、精神を鍛え、人間力を培う父である。苦闘は、歓喜を生み出す母である。  山本伸一は、記者たちに語った。  「私は、青年たちに、苦闘を厭わぬ信念と哲学をもってほしいんです。苦労するのは辛いことです …

no image

一生成仏をめざして仏道修行していくこと激闘34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一の指導は、具体的であった。  研修会メンバーは、わが身にあてはめ、時に大きく頷き、時に苦笑しながら、伸一の話に耳を傾けていた。  「怒りの心は、それ自体が悪いというのではありません。悪事に対し …

no image

〝今に見よ!〟との一念で、一生成仏の坂道を!激闘27 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、次のように話を結んだ。  「いかなる試練があろうとも、そのなかで苦労を重ね、同志を守り、仏道修行に励み抜いた人は、最後は必ず勝ちます。試練というのは、自分を磨き抜き、大きく飛躍していくため …