激闘

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月12日 更新日:

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。
一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣流布の使命に目覚めさせることこそ、最高の聖業といってよい。
この個人指導ノートは、彼女の誇らかな宝物となっていたのである。
友を徹して励まし抜く金田の地道な活動については、山本伸一も耳にしていた。
七八年五月九日、伸一は、練馬文化会館での懇談会で、金田に語った。
「努力の人、地道な人、誠実の人は強い。
必ず最後には勝つ。それが信心です。
幹部になっても、組織のなかを、うまく泳ぎ渡っていくような生き方では、境涯革命も、宿命の転換もできません。
広宣流布のため、学会のため、友のために、苦労を買って出て、黙々と頑張り抜いていってこそ、崩れざる幸福を築くことができるんです」
それから伸一は、壮年たちに視線を注いでいった。
そして、区次長で、かつて南新宿支部の支部長を務めた林田清夫を見ると、「どうぞ、こちらへ」と声をかけた。
林田は、五十代半ばで、やや小柄な丸顔の壮年である。
彼が前に出ていくと、伸一は言った。
「林田さんでしたね。あなたのことは、練馬を担当している幹部から伺っています。
よく頑張ってこられた。しかし、いよいよ、これからが本当の戦いです。
今まで培ってきた経験や実績は、皆のために生かしていかなければ意味はありません。
草創期を戦い抜いてきた人たちには、自分が教わったことや、自ら学んできたことを、しっかり後輩に伝えていく責任があるんです。
また、最後まで戦い抜いてこそ、人生の使命を果たすことができるんです。どうか、挑戦と前進を重ね、永遠の青年であってください。私もそうします!」

-激闘
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

『苦難を避けるな。苦労しなさい。うんと悩みなさい』激闘6 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一が、「教育」を「教」と「育」に分け、特に「育てる」ことに力を注ごうと考えた背景には、彼の独自の教育観があった。  彼が知る限り、日本の教育は、知識、技術を教えることに力点が置かれていると言わ …

no image

”一緒に行動する”ことが人材育成。激闘23 小説「新・人間革命」27巻

信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たち …

no image

「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」激闘22 小説「新・人間革命」27巻

 座談会で言われたことを、林田清夫は、直ちに実行に移した。  早速、座談会の帰りに、自転車店を営む友人の家を訪ね、こう切り出した。  「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか …

no image

〝今に見よ!〟との一念で、一生成仏の坂道を!激闘27 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、次のように話を結んだ。  「いかなる試練があろうとも、そのなかで苦労を重ね、同志を守り、仏道修行に励み抜いた人は、最後は必ず勝ちます。試練というのは、自分を磨き抜き、大きく飛躍していくため …

no image

「信心は、晩年が、総仕上げの時が大事」激闘24 小説「新・人間革命」27巻

林田清夫の、広宣流布への使命感、責任感は、人一倍強かった。しかし、自分が偉くなりたいなどという考えは全くなかった。ただ、どうやって皆に尽くし、皆の持ち味を生かしていくかに、心を砕いてきた。  それこそ …