激闘

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月15日 更新日:

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。

 五五年の二月、その先輩の夫人が林田の家へ、仏法対話にやって来た。夫人が生き生きと仏法のすばらしさを語ると、林田の妻は信心する決意を固め、入会することになった。 その後、先輩から、「せっかく奥さんが信心を始めたんだから、学会を知るいい機会だ。君も、朝晩は題目を三唱し、一緒に座談会に出てみてはどうか」と誘われた。

 宗教になど興味がなかった彼は、体よく断り続けた。そのうちに断る理由が見つからなくなり、やむなく二度ほど座談会に出席した。

 林田は病弱であり、性格も内向的で、自分に自信がもてなかった。また、国鉄(現在のJR)に勤務し、生活は安定していたが、常に空虚感をいだいていた。自分は大組織のなかの、取るに足らない一つの部品にすぎないように思えるのだ。

 座談会に集った人たちの身なりは質素であった。経済的に豊かそうには見えなかった。しかし、皆、喜々として、信仰体験を語っていった。病を乗り越えたという話、失業していたが好条件で就職できたという話……。

 誰もが明るく、充実感、躍動感にあふれ、はつらつとしていた。そして、“なんのための人生か”という、いわば哲学的な難題に対して明確な答えをもち、“人生をいかに生きるか”ということへの確信があった。

 林田が入会を申し出た。

 すると、幹部は言った。

 「日蓮大聖人の仏法の修行は、ただ自分が祈っていればいいというものではないんです。

 大聖人は、『力あらば一文一句なりともかた(談)らせ給うべし』(御書一三六一ページ)と御指導されている。これは、自分が題目を唱えるだけでなく、人にも仏法を弘め、折伏していきなさいということです。それが正しい仏道修行なんです。できますか!」

-激闘
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

広宣流布はチームプレーが大切な戦い激闘30 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の言葉には、確信と情熱がほとばしっていた。  「広宣流布の組織のなかで、自行化他の実践を貫き通してこそ、一生成仏も、宿命の転換も可能になるんです。だからこそ、大聖人は『日蓮が一門となりとをし …

no image

「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」激闘22 小説「新・人間革命」27巻

 座談会で言われたことを、林田清夫は、直ちに実行に移した。  早速、座談会の帰りに、自転車店を営む友人の家を訪ね、こう切り出した。  「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか …

no image

「穴が開いた容器で水を汲もうと思って奮闘しても、水が汲めない」激闘13 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、山本伸一から、「福運」という言葉を聞いた時、亡くなった兄のことを思い起こした。 兄は、東京物理学校(現在の東京理科大学)に学び、成績優秀で、家族の期 待を一身に担っていた。 両親は病弱で …

no image

法華経の行者の実践は無限の可能性を開こうとするもの。激闘32 小説「新・人間革命」27巻

 第六天の魔王は、智慧の命を奪うところから、「奪命」といわれる。また、「他化自在天」ともいって、人を支配し、意のままに操ることを喜びとする生命である。  その結果、人びとの生命は萎縮し、閉ざされ、一人 …

no image

『日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず』激闘33 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の十軍についての説明に、研修会参加者は目を輝かせて聴き入っていた。  「第五の『睡眠』は、睡魔のことです。たとえば“唱題しよう”“御書を学ぼう”とすると、眠気が襲ってくるという方もいると思い …