激闘

「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」激闘22 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月16日 更新日:

 座談会で言われたことを、林田清夫は、直ちに実行に移した。

 早速、座談会の帰りに、自転車店を営む友人の家を訪ね、こう切り出した。

 「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」

 友人は、怪訝な顔で尋ねた。

 「どんな宗教なんだ」

 「実は、詳しいことは、ぼくもまだわからない。しかし、神や仏によって救われるというより、自分のなかに仏の働きが具わっているという教えのようだ。本当にそうなのかどうかは、やってみなければわからない。君には、行動を起こす勇気があるかね」

 林田は、自分がこれまでに聞いた話を、すべて語った。

 彼に絶大な信頼を寄せていた友人は、しばらく考えていたが、やがて、意を決したように口を開いた。

 「君が、そう言うなら俺もやってみよう」

 林田は、〝よかった!〟と胸を撫で下ろした。実は、彼は妻が先に信心を始めていたとはいえ、入会することに躊躇があって、友だちを誘ったのである。

 ともかく、入会前に、弘教を実践したことは間違いなかった。

 林田は、自分が入会する日、地区部長との待ち合わせの場所に、新しい入会希望者を連れて姿を現したのである。

 地区のメンバーは、感嘆して語り合った。

 「人材だね。未来が楽しみだ」

 「大切に、しっかりと育てなければ」

 地区部長らは、林田に、信心の基本を徹底して教えた。一緒に活動に歩き、個人指導の在り方や仏法対話の仕方、御書に取り組む姿勢、また、連絡・報告の大切さなども語っていった。生真面目な林田は、乾いた砂が水を吸うように、それらを吸収していった。

 彼は、入会一カ月で組長になり、入会三カ月を迎えた時には班長になった。そして、やがて地区部長としても活躍するようになる。

 使命の自覚は、人を急速に成長させる。

-激闘
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

法華経の行者の実践は無限の可能性を開こうとするもの。激闘32 小説「新・人間革命」27巻

 第六天の魔王は、智慧の命を奪うところから、「奪命」といわれる。また、「他化自在天」ともいって、人を支配し、意のままに操ることを喜びとする生命である。  その結果、人びとの生命は萎縮し、閉ざされ、一人 …

no image

激闘25 小説「新・人間革命」27巻

 一九七八年(昭和五十三年)五月九日、練馬区の代表との懇談会で山本伸一は、参加者の報告に耳を傾けながら、今後の会館整備などについて語り合った。さらに彼は、この日、発足した女子部の「練馬女子生命哲学研究 …

no image

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。   …

no image

どう受けとめるか一念次第。激闘37 小説「新・人間革命」27巻

 情熱を込めて、山本伸一は訴えた。  「次の『諸の悪人は又善知識なり』(御書九六二ページ)の御文も、非常に大事です。  善知識というのは、仏道修行を支え、助けてくれる存在です。しかし、日蓮大聖人は、諸 …

no image

信仰の強さは、苦難をうける覚悟。激闘36 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、朗々と、「富木殿御返事」の一節を拝していった。  「『但生涯本より思い切て候今に飜返ること無く其の上又遺恨無し諸の悪人は又善知識なり』(御書九六二ページ)  戸田先生が第二代会長に就任さ …