激闘

「ぼくは、創価学会に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」激闘22 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月16日 更新日:

 座談会で言われたことを、林田清夫は、直ちに実行に移した。

 早速、座談会の帰りに、自転車店を営む友人の家を訪ね、こう切り出した。

 「ぼくは、創価に入会しようと思っている。君も一緒に信心しないか」

 友人は、怪訝な顔で尋ねた。

 「どんな宗教なんだ」

 「実は、詳しいことは、ぼくもまだわからない。しかし、神やによって救われるというより、自分のなかに仏の働きが具わっているという教えのようだ。本当にそうなのかどうかは、やってみなければわからない。君には、を起こす勇気があるかね」

 林田は、自分がこれまでに聞いた話を、すべて語った。

 彼に絶大な信頼を寄せていた友人は、しばらく考えていたが、やがて、意を決したように口を開いた。

 「君が、そう言うなら俺もやってみよう」

 林田は、〝よかった!〟と胸を撫で下ろした。実は、彼は妻が先に信心を始めていたとはいえ、入会することに躊躇があって、友だちを誘ったのである。

 ともかく、入会前に、を実践したことは間違いなかった。

 林田は、自分が入会する日、との待ち合わせの場所に、新しい入会希望者を連れて姿を現したのである。

 地区のメンバーは、感嘆して語り合った。

 「人材だね。未来が楽しみだ」

 「大切に、しっかりと育てなければ」

 地区部長らは、林田に、信心の基本を徹底して教えた。一緒に活動に歩き、の在り方や対話の仕方、に取り組む姿勢、また、連絡・報告の大切さなども語っていった。生真面目な林田は、乾いた砂が水を吸うように、それらを吸収していった。

 彼は、入会一カ月で組長になり、入会三カ月を迎えた時には班長になった。そして、やがて地区部長としても活躍するようになる。

 の自覚は、人を急速に成長させる。

-激闘
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

一生成仏をめざして仏道修行していくこと激闘34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一の指導は、具体的であった。  研修会メンバーは、わが身にあてはめ、時に大きく頷き、時に苦笑しながら、伸一の話に耳を傾けていた。  「怒りの心は、それ自体が悪いというのではありません。悪事に対し …

no image

〝今に見よ!〟との一念で、一生成仏の坂道を!激闘27 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、次のように話を結んだ。  「いかなる試練があろうとも、そのなかで苦労を重ね、同志を守り、仏道修行に励み抜いた人は、最後は必ず勝ちます。試練というのは、自分を磨き抜き、大きく飛躍していくため …

no image

『日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず』激闘33 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の十軍についての説明に、研修会参加者は目を輝かせて聴き入っていた。  「第五の『睡眠』は、睡魔のことです。たとえば“唱題しよう”“御書を学ぼう”とすると、眠気が襲ってくるという方もいると思い …

no image

「病によりて道心はをこり候なり」激闘8小説「新・人間革命」27巻

苦闘は、精神を鍛え、人間力を培う父である。苦闘は、歓喜を生み出す母である。  山本伸一は、記者たちに語った。  「私は、青年たちに、苦闘を厭わぬ信念と哲学をもってほしいんです。苦労するのは辛いことです …

no image

未来に希望を感じられるかどうか─激闘11 小説「新・人間革命」27巻

製茶販売店から練馬文化会館に移動した山本伸一は、記念植樹や婦人部の合唱団との記念撮影に臨み、さらに、三、四十人の幹部との懇談会に出席した。 草創期に、共に戦った人たちの顔もあった。 「懐かしいね。お元 …