激闘

”一緒に行動する”ことが人材育成。激闘23 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月17日 更新日:

信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たちの方が最初に気づいていた。

 信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たちの方が最初に気づいていた。

 彼は、職場の上司である係長にも、仏法対話をした。林田をじっと見ていた係長は、彼の勧めにしたがい、入会したのである。

 林田が学会員であることは、職場でも知れ渡っていた。それだけに彼は、常に、こう自分に言い聞かせていた。

 ”私は、職場にあっては学会を背負っているんだ。皆、自分の仕事ぶりや人柄を見て、学会を評価する。だから、仕事で周囲に迷惑をかけるようなことを、絶対にしてはならない。断じて職場の勝利者になるのだ!”

 彼は、率先垂範で、懸命に仕事に励んだ。

 「信心即生活」であり、「信心即仕事」である。また、「信心即人格」である――そう心を定め、真剣勝負で仕事に取り組むなかに信頼が生まれ、広宣流布の広がりもある。

 信頼というのは、一朝一夕に築かれるものではない。日々の行為の、地道な積み重ねのなかで築かれていく。そして、その信頼こそが、人間関係の堅固な礎となるのだ。

 一九六四年(昭和三十九年)十二月、林田は、南新宿支部の支部長に就任する。

 支部旗の授与に際して、会長の山本伸一は、力を込めて彼に言った。

 「頑張ってください! 頼みます!」

 伸一には、”支部長は自分に代わって支部旗を掲げ、会員を守り、広宣流布を進めてくださる分身なのだ”との強い思いがあった。

 林田は、伸一の短い言葉から、その心を全身で感じ取った。身の震える思いがした。

 彼の地を這うような、地道で粘り強い活動が始まった。やがて、総支部長、理事などを歴任していくが、常に会員一人ひとりと会い、黙々と指導、激励を続けていった。

 また、人材の育成については、”一緒に行動する”ことを信条としてきた。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「病によりて道心はをこり候なり」激闘8小説「新・人間革命」27巻

苦闘は、精神を鍛え、人間力を培う父である。苦闘は、歓喜を生み出す母である。  山本伸一は、記者たちに語った。  「私は、青年たちに、苦闘を厭わぬ信念と哲学をもってほしいんです。苦労するのは辛いことです …

no image

広宣流布はチームプレーが大切な戦い激闘30 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の言葉には、確信と情熱がほとばしっていた。  「広宣流布の組織のなかで、自行化他の実践を貫き通してこそ、一生成仏も、宿命の転換も可能になるんです。だからこそ、大聖人は『日蓮が一門となりとをし …

no image

「生涯、信行学の実践を」激闘3 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一が、創価大学の体育館で行われた表彰式典で強く訴えたことは、「生涯、信行学の実践を」ということであった。  日蓮大聖人の仏法は、「本因妙」の仏法である。それは、私たちの生き方に当てはめていうな …

no image

「自分に勝つことが、一切の勝利につながる」激闘16 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、自分も広宣流布の大理想を担う一人であると思うと、胸は高鳴り、体が打ち震える思いがした。 山本伸一は、彼女の心を察したかのように、微笑みを浮かべて語った。 「仏法を持った私たちの使命は、深 …

no image

練馬文化会館の開館記念勤行会 激闘10小説「新・人間革命」27巻

 人と会い、誠意をもって対話していくなかで理解が生まれ、やがて、信頼と共感が芽生えていく。ゆえに、広宣流布のためには、粘り強い交流と語らいが大切になるのである。  しかし、一部のマスコミ関係者が、政治 …