激闘

”一緒に行動する”ことが人材育成。激闘23 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月17日 更新日:

信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たちの方が最初に気づいていた。

 信心を始めてから林田清夫は、いつの間にか、健康になっていた。また、弘教に挑戦し続けてきたなかで、人前で話すことが苦手だった内向的な性格も、次第に変わっていった。その変化に、林田本人よりも、周囲の人たちの方が最初に気づいていた。

 彼は、職場の上司である係長にも、仏法対話をした。林田をじっと見ていた係長は、彼の勧めにしたがい、入会したのである。

 林田が学会員であることは、職場でも知れ渡っていた。それだけに彼は、常に、こう自分に言い聞かせていた。

 ”私は、職場にあっては学会を背負っているんだ。皆、自分の仕事ぶりや人柄を見て、学会を評価する。だから、仕事で周囲に迷惑をかけるようなことを、絶対にしてはならない。断じて職場の勝利者になるのだ!”

 彼は、率先垂範で、懸命に仕事に励んだ。

 「信心即生活」であり、「信心即仕事」である。また、「信心即人格」である――そう心を定め、真剣勝負で仕事に取り組むなかに信頼が生まれ、広宣流布の広がりもある。

 信頼というのは、一朝一夕に築かれるものではない。日々の行為の、地道な積み重ねのなかで築かれていく。そして、その信頼こそが、人間関係の堅固な礎となるのだ。

 一九六四年(昭和三十九年)十二月、林田は、南新宿支部の支部長に就任する。

 支部旗の授与に際して、会長の山本伸一は、力を込めて彼に言った。

 「頑張ってください! 頼みます!」

 伸一には、”支部長は自分に代わって支部旗を掲げ、会員を守り、広宣流布を進めてくださる分身なのだ”との強い思いがあった。

 林田は、伸一の短い言葉から、その心を全身で感じ取った。身の震える思いがした。

 彼の地を這うような、地道で粘り強い活動が始まった。やがて、総支部長、理事などを歴任していくが、常に会員一人ひとりと会い、黙々と指導、激励を続けていった。

 また、人材の育成については、”一緒に行動する”ことを信条としてきた。

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

広宣流布はチームプレーが大切な戦い激闘30 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一の言葉には、確信と情熱がほとばしっていた。  「広宣流布の組織のなかで、自行化他の実践を貫き通してこそ、一生成仏も、宿命の転換も可能になるんです。だからこそ、大聖人は『日蓮が一門となりとをし …

no image

「信心強盛な人こそ、最も“富める人”」激闘26 小説「新・人間革命」27巻

 練馬文化会館の開館記念勤行会で山本伸一は、各部合唱団による合唱などのあと、懇談的に話を進めていった。  そして、イギリス人の性格を表す一つの事例として、「一人でいる時は退屈してしまう。二人になるとス …

no image

“悩力”を身につけることこそ、人間の道を究める条件 激闘9小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、苦悩することの意味に思いをめぐらしながら、記者たちに語っていった。  「苦労せずしては、人の苦しみはわかりません。もしも、そんな指導者が社会を牛耳るようになれば、民衆が不幸です。だから私は …

no image

『苦難を避けるな。苦労しなさい。うんと悩みなさい』激闘6 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一が、「教育」を「教」と「育」に分け、特に「育てる」ことに力を注ごうと考えた背景には、彼の独自の教育観があった。  彼が知る限り、日本の教育は、知識、技術を教えることに力点が置かれていると言わ …