激闘

「信心は、晩年が、総仕上げの時が大事」激闘24 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年4月18日 更新日:

の、広宣流布への、責任感は、人一倍強かった。しかし、自分が偉くなりたいなどという考えは全くなかった。ただ、どうやって皆に尽くし、皆の持ち味を生かしていくかに、心を砕いてきた。

 それこそが、学会のとして、最も大事な要件である。

 もしリーダーの一念の奥底に、学会を利用して名聞名利を得ようなどという野心があれば、既に魔に蝕まれているのだ。信心とは、そうした自身の心を見すえ、打ち勝っていく、精神のでもある。

 林田は、広宣流布のために、職場でも勝利の実証を示したいとの思いで、懸命に仕事に励んできた。管理局コンピューター室長や、国鉄の教育機関「」で教育に当たるなど、職場の第一人者となり、この一九七八年(昭和五十三年)の三月で定年退職し、新たな職場に勤め始めたところであった。

 は、林田を見つめて言った。

 「日蓮大聖人は『月月・日日につよ(強)り給へ・すこしもたゆ(撓)む心あらば魔たよりをうべし』(一一九〇ページ)と言われています。自分は、もう年だから、学会活動から少し身を引こうなどという心の緩みがあれば、そこから信心の後退が始まっていく。信心には定年はありません。

 いかに幹部を経験したとしても、晩年、学会の組織から離れ、仏道修行を怠るならば、そのは敗北です。一時は華やかそうに見えても、最後は孤独であり、人生の充実も、生命の歓喜もありません。信心は、晩年が、総仕上げの時が大事なんです。

 生涯、若々しい闘将であってください。要領主義の幹部など、悠々と見下ろしながら、最後まで、黙々と、堂々と、学会を支えてください。そこに、真実の黄金の人生があります。あなたには、生涯をかけて、そのことを証明していってほしいんです」

 伸一は、草創の同には、真の者の手本を示してもらいたかった。それが、後継の大河を開く力となっていくからだ。

-激闘
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となる。激闘12 小説「新・人間革命」27巻

座談会場では、凜とした気品を漂わせた和服姿の婦人が、宗教の教えには、高低浅深があることを訴えていた。 文京支部長の田岡治子であった。 「人は、信じる対象によって大きな影響を受けます。 詐欺師を立派な人 …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …

no image

「広宣流布の使命を自覚する時、境涯革命の扉が開かれる」激闘15 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、「立正安国論」を拝して、日蓮大聖人の仏法を実践するとは、どういうことかを、わかりやすく語っていった。 「大聖人の仏法は、ただ単に、自分が成仏すればよい、自分だけが幸せになればよいという教え …

no image

信仰の強さは、苦難をうける覚悟。激闘36 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、朗々と、「富木殿御返事」の一節を拝していった。  「『但生涯本より思い切て候今に飜返ること無く其の上又遺恨無し諸の悪人は又善知識なり』(御書九六二ページ)  戸田先生が第二代会長に就任さ …

no image

激闘25 小説「新・人間革命」27巻

 一九七八年(昭和五十三年)五月九日、練馬区の代表との懇談会で山本伸一は、参加者の報告に耳を傾けながら、今後の会館整備などについて語り合った。さらに彼は、この日、発足した女子部の「練馬女子生命哲学研究 …