創価学会座談会参考資料

座談会の研究発表の参考にお使いください。

激闘

「信心強盛な人こそ、最も“富める人”」激闘26 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:

 練馬文化会館の開館記念勤行会で山本伸一は、各部合唱団による合唱などのあと、懇談的に話を進めていった。

 そして、イギリス人の性格を表す一つの事例として、「一人でいる時は退屈してしまう。二人になるとスポーツをする。三人になるとわが偉大な祖国を建設しようと決意し、語り合う」と言われていることを紹介した。

 「この話を、私どもの姿に当てはめてみるならば、次のようになるのではないか。

 『一人の時は勤行しよう。二人集まったならば教学の学習をしよう。三人となったならば広宣流布のために語り合い、実践する』

 どうか、この気概で進んでいただきたい」

 また、「薬王品得意抄」を拝して指導し、特に、「法華経は宝の山なり人は富人なり」(御書一五〇二ページ)の一節は、深く心に刻んでほしいと訴えた。

 「法華経は宝の山であり、御本尊は無限の力を具えております。ゆえに、その御本尊を受持した人は、最大に福運ある人であり、すべからく〝富める人〟なのであります」

 “富める人”とは、単に経済的、物質的に豊かな人を指すのではない。お金やモノによって得られる豊かさは、それがなくなれば、失われてしまう。

 したがって、より重要なのは、どんな状況や環境下におかれても、高く大きな境涯で、充実と歓喜を満喫しながら生きることができる〝心の豊かさ〟である。それこそが、幸福を確立するための根本条件といえよう。

 「信心強盛な人こそ、最も“富める人”です。どうか、この確信をもって進んでください。信心とは、確信なんです。

 大確信をもつには、まず小さな体験でよいから、功徳の体験をたくさん積んでいくことです。その体験が集積され、次第に大確信をもてるようになる。それには、日々の祈りは具体的であることが大事です。自分のかかえている一つ一つの悩みや問題の克服を、日々、懸命に祈っていくんです。悩みが解決した分だけ、確信は強まっていきます」

-激闘
-, , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。   …

no image

一生成仏をめざして仏道修行していくこと激闘34 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一の指導は、具体的であった。  研修会メンバーは、わが身にあてはめ、時に大きく頷き、時に苦笑しながら、伸一の話に耳を傾けていた。  「怒りの心は、それ自体が悪いというのではありません。悪事に対し …

no image

“悩力”を身につけることこそ、人間の道を究める条件 激闘9小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、苦悩することの意味に思いをめぐらしながら、記者たちに語っていった。  「苦労せずしては、人の苦しみはわかりません。もしも、そんな指導者が社会を牛耳るようになれば、民衆が不幸です。だから私は …

no image

“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”激闘4 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、グラウンドを回りながら、各方面の音楽隊長と握手を交わし、中等部の隊員を見つけると、歩み寄っては、両手を広げて、抱え込みながら語りかけた。  「すばらしい演技でした。勉強もしっかり頑張って …

no image

「穴が開いた容器で水を汲もうと思って奮闘しても、水が汲めない」激闘13 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子は、山本伸一から、「福運」という言葉を聞いた時、亡くなった兄のことを思い起こした。 兄は、東京物理学校(現在の東京理科大学)に学び、成績優秀で、家族の期 待を一身に担っていた。 両親は病弱で …