激闘

“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”激闘4 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月25日 更新日:

 山本伸一は、グラウンドを回りながら、各方面の音楽隊長と握手を交わし、中等部の隊員を見つけると、歩み寄っては、両手を広げて、抱え込みながら語りかけた。

 「すばらしい演技でした。勉強もしっかり頑張って!」

 会場に設置されたバックパネルの足場から、顔をのぞかせている作業服姿の設営メンバーがいた。伸一は、大きく手を振り、頭を下げた。ヘルメットの下の顔がほころんだ。

 伸一は、額にも、首筋にも、汗を滲ませながら、何人もの青年たちと握手を交わしていった。全力で労をねぎらう彼を見つめるメンバーの目には、涙が光っていた。

 このあと伸一は、創価大学の会議室で、テレビ局や新聞各社の記者と懇談会をもった。

 記者の一人が質問した。

 「いつ見ても、学会の青年部は躍動しているという印象があります。また、その青年たちと山本会長とは、深い信頼で結ばれていることを実感します。

 会長は、どのようにして、青年たちとの信頼関係を培ってこられたんでしょうか」

 伸一は、静かに頷くと、語り始めた。

 「ありのままに、お答えします。

 私は、今日も、“ひたすら諸君の成長を祈り、待っている”と言いました。また、“一切をバトンタッチしたい”とも語りました。青年たちに対する、その私の気持ちに、うそがないということなんです。

 私は、青年たちに、『自分は踏み台である。諸君のためには、どんなことでもします』とも言ってきました。事実、青年部を百パーセント信頼し、なんでもする覚悟です。

 また、青年に限らず、皆が喜んでくれるならと、たとえば、去年一年間で、色紙などに一万七百八十四枚の揮毫をしました。

 つまり、私は、本気なんです。だから、その言葉が皆の胸に響くんです。だから、心を開き、私を信頼してくれるんです」

 誠実という豊かな人間性の大地にこそ、信頼の花園は広がるのだ。

[2014年 3月25日聖教新聞]

-激闘
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

「喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある」激闘7 小説「新・人間革命」27巻

 山本伸一は、記者たちに、困難や苦労に立ち向かうことの大切さを語っていった。  「苦闘は、人間として大成していくうえで、必要不可欠です。それが、いかなる逆境にも負けない雑草のような強さを培っていくから …

no image

「信心強盛な人こそ、最も“富める人”」激闘26 小説「新・人間革命」27巻

 練馬文化会館の開館記念勤行会で山本伸一は、各部合唱団による合唱などのあと、懇談的に話を進めていった。  そして、イギリス人の性格を表す一つの事例として、「一人でいる時は退屈してしまう。二人になるとス …

no image

「信心の実証を示してこそ、個人指導が完結」激闘19 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、第三代会長に就任した一九六〇年(昭和三十五年)五月三日の本部総会の席上、大発展を遂げた文京支部は、三支部に分割された。 この時、金田都留子は、文京支部の常任委員から、新設された新宿支部の婦 …

no image

激闘25 小説「新・人間革命」27巻

 一九七八年(昭和五十三年)五月九日、練馬区の代表との懇談会で山本伸一は、参加者の報告に耳を傾けながら、今後の会館整備などについて語り合った。さらに彼は、この日、発足した女子部の「練馬女子生命哲学研究 …

no image

「挑戦と前進を重ね、永遠の青年であれ」激闘20 小説「新・人間革命」27巻

金田都留子の個人指導ノートに記載された人の数は、一九七八年(昭和五十三年)春には、優に千人を超えていた。それは、幸せの大輪を咲かせた数でもあった。 一人ひとりの心に、勇気と確信の火を燃え上がらせ、広宣 …