激闘

私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。激闘5 小説「新・人間革命」27巻

投稿日:2014年3月26日 更新日:

 山本伸一は、力を込めて語っていった。

 「また、私が創立した創価学園の生徒について、『私の命よりも大事である』と述べました。私は、自分をなげうっていくつもりで、こう訴えたんです。ありのままの、偽らざる気持ちを、そのままぶつけているんです。

 だから、生徒たちも、若い教員たちも、その心に応えていこうと、思ってくれるのではないでしょうか。そして、そこから、本当の信頼が生まれていくのではないでしょうか。

 口先だけの決意や、美辞麗句は、人間の魂には響きません。また、最初は、その言葉を信じてくれても、うそがあれば、やがて誰も信じなくなります。

 つまり、大事なことは、自分の真情を正直にぶつけ、約束したことは、どんなに小さなことでも、徹底して守っていくことです。これが、指導者の最も大切な要件であると、私は思っております。

 不思議なもので、年を重ねるにつれて、私のなかで、青年への期待度は、ますます高くなってきているんです。私の恩師・戸田先生も、きっと、そうだったと思います。今になって、そのお気持ちがよくわかります。

 戸田先生は、晩年、『頼むよ。頼むよ』とよく口にされた。それは、私をはじめ、青年たちが、〝必ず自分の期待に応えてくれるだろう。いや、期待以上の仕事をしてくれるにちがいない〟との、確信に裏づけられた言葉であったと思います。

 私の最高の宝は何か――それは、後継の青年たちです。

 私の最高の誇りは何か――それは、立派に青年たちが育っていることです」

 別の記者が尋ねた。

 「山本先生は、今後は、いかなる事業に力を注がれていくおつもりですか」

 伸一は、即座に答えた。

 「これまでも申し上げてきましたが、教育です。特に個人的には、『教育』のなかでも、『教える』ことより、『育てる』ことに、力を注いでいきたいと考えています」

[2014年 3月26日]

-激闘
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

『水すめば月うつる』-清らかな信心 激闘17 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一は、車中、金田都留子たちに、「日厳尼御前御返事」を講義し始めた。 「ここで、『叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず』(御書一二六二p)と大聖人が仰せのように、願いが叶うか叶わな …

no image

福運があれば、努力が、そのまま報われ、幸せの果実となる。激闘12 小説「新・人間革命」27巻

座談会場では、凜とした気品を漂わせた和服姿の婦人が、宗教の教えには、高低浅深があることを訴えていた。 文京支部長の田岡治子であった。 「人は、信じる対象によって大きな影響を受けます。 詐欺師を立派な人 …

no image

“人生をいかに生きるか”激闘21 小説「新・人間革命」27巻

 林田清夫の入会は、一九五五年(昭和三十年)のことであった。その一年ほど前に、就職の世話や結婚の仲人をしてくれた同郷の先輩から、日蓮大聖人の仏法の話を聞かされてきた。先輩は学会の地区部長であった。   …

no image

練馬文化会館の開館記念勤行会 激闘10小説「新・人間革命」27巻

 人と会い、誠意をもって対話していくなかで理解が生まれ、やがて、信頼と共感が芽生えていく。ゆえに、広宣流布のためには、粘り強い交流と語らいが大切になるのである。  しかし、一部のマスコミ関係者が、政治 …

no image

「信心の実証を示してこそ、個人指導が完結」激闘19 小説「新・人間革命」27巻

山本伸一が、第三代会長に就任した一九六〇年(昭和三十五年)五月三日の本部総会の席上、大発展を遂げた文京支部は、三支部に分割された。 この時、金田都留子は、文京支部の常任委員から、新設された新宿支部の婦 …