名字の言

牧口初代会長の「殉教70年」【名字の言】20140930聖教新聞掲載

投稿日:2014年9月30日 更新日:

 「いつも大切に持ち歩いているものがあるんです」。こう言って、世界的な絵本画家のワイルドスミス氏がポケットから取り出したのは、子ども用のばんそうこうだった▼氏のサイン会に来た女の子から、サインのお礼に渡されたという。子どもが大好きで、作品を通して「自分達の住んでいる世界の美しさを彼らに気づかせること」(野村道子訳)が大切と訴える氏の原点を、垣間見る思いがした。11年前の光景だが、今も鮮烈に心に残る▼参加した座談会で、「信心の原点」を語るコーナーがあった。毎回、参加者が楽しみにする企画。今回は、病と闘う婦人が半生を振り返った。彼女の原点は、池田名誉会長から青春時代に受けた「元気になるんだよ」との激励だった▼人生の歩みは「原点を輝かせる旅」ともいえる。が、自身を取り巻く環境が変化する中で、原点を持ち続けるのは容易ではない。現実に対応しているのだと自らに言い聞かせつつ、現状に流される例のいかに多いことか。原点を見失わず、一度決めた道を進む忍耐と努力が人をつくり、真の幸福を築く▼学会の原点は「11月18日」の創立記念日。今年は、軍部権力と戦い抜いた牧口初代会長の「殉教70年」にあたる。不滅の記念日へ、足元から平和のスクラムを。(側)

2014年 9月30日

-名字の言
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

 「〇〇寿司」と「〇〇鮨」。どちらの店が高級そうに思えるだろうか? 

 「〇〇寿司」と「〇〇鮨」。どちらの店が高級そうに思えるだろうか?  ほとんどの人が後者を選ぶという。「寿司」の方は“庶民的で身近に感じる”との声も 小学生に「シュンソク」の漢字を問うと、大半が「瞬足 …

no image

「アンパンマン」の原作者・やなせたかし氏の生誕100周年

 本年は「アンパンマン」の原作者・やなせたかし氏の生誕100周年。 これを記念した最新作の映画が劇場公開されている。 氏は30代で漫画家としてデビューしたが、ヒット作に恵まれず、焦燥の日々が続いた。 …

no image

 “若返りの酵素”を発見――長くなった人生を、どう充実したものにしていくか

 “若返りの酵素”を発見―― 先月、こんなニュースが注目を集めた。 ある研究で、若いマウスの血液に含まれる特定の酵素を老齢のマウスに注射すると、身体活動が活発になり、寿命が延びる等の効果が確認されたと …

no image

東京駅開業100周年【名字の言】[2014年 3月24日聖教新聞掲載]

1914年(大正3年)に東京駅が開業して100年。一昨年、戦災で焼失した部分の復元工事を終えた「ドーム型屋根の赤れんが駅舎」は、新たな観光スポットとなっている ▼〝赤れんがの壁面にドーム型屋根の建物〟 …