未来部 社説

9月23日は少年少女部の日 子どもの「生きる力」を育もう【社説】

投稿日:2014年9月21日 更新日:

 「『ありのまま』に悩み、祈り、また胸をはって挑戦していく――そうすることで、自分の心がみがかれる。心の中の宝物が光っていく。きみの、あなたの『いいところ』が、必ず見えてくるのです」――池田名誉会長は「少年少女きぼう新聞」今月号の連載で語り掛けた。

 明後23日は、「少年少女部」の結成記念日。1965年(昭和40年)のこの日、同部は高・中等部に続いて誕生した。高・中・少の未来部は、名誉会長の”手作りの組織”である。

 当時、未来部を結成した趣旨について、名誉会長は「大勢の先輩、よき相談相手が周囲にいれば、安心して自分の人生行路を決めていくことができる。若芽が未来に、スクスクと伸びゆくための応援をしていくこと」と述べている。

 確かに、実際の人生行路は、平坦ではないだろう。「子どもの貧困」が社会問題となっている昨今では、過酷な現実のただ中に、どれほど多くの子どもたちが立ちすくんでいるか計り知れない。

 だからこそ、現代の子どもたちには、何があってもたくましく「生き抜く力」を身に付けてほしい。また、そのために惜しみなく支援するのが、大人の責務であろう。

 ”人類の教育者”ペスタロッチの研究で著名な黒澤英典・武蔵大学名誉教授がかつて、本紙「文化」欄で語った視点は示唆に富む。氏の調査によれば、子どもたちの「」づくりではなく、彼らが主人公として必要とされる場所=「要場所」づくりに取り組んでいる地域では、子どもの「生きる力」を育む地域の教育力が明らかに上がった、という。

 実際、未来部でも高・中・少合同の部員会を行う際、年長の高等部員を中心に、子どもたちが主体的に企画・運営している地域には、人材育成の力強い流れが生まれている。先の論考とも符合しており、興味深い。

 相手の限りない可能性を信じ抜き、生命を触発する温かい関わりを粘り強く続ける「学会精神」は、あらゆる人材育成の根幹に通じるのだ。老いも若きも、だれもが、それぞれの持ち味と知恵を存分に発揮し、どうすれば子どもたち一人一人が「生き抜く力」を自ら育んでいけるかと考え、新たな挑戦を起こしたい。

 本年新設された各地の未来本部長、また未来部長を中心に、わが地域における”新しい未来部育成の歴史”を築きゆく、実り多い秋としたい。

-未来部, 社説
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

季節の変わり目の体調管理【社説】健康第一で使命の道を歩もう[2014年 3月24日聖教新聞掲載]

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるが、まだ寒暖の差が激しい日も少なくない。季節の変わり目は体調を崩しやすい。「うがい・手洗いの励行」をはじめ、出掛ける際は気象情報を参考に上着を持っていくなど、一層の注意 …

no image

〈社説〉 あす師弟の「法難の日」 2019年7月5日

〈社説〉 あす師弟の「法難の日」 2019年7月5日 広宣流布は権力の魔性との戦い  広宣流布は、仏と魔との闘争である。創価学会は、「三類の敵人を顕さずんば法華経の行者に非ず之を顕すは法華経の行者なり …

no image

【未来部への指針】4月は我らのものだ! ―随筆 人間世紀の光 (109)―

 歌え 朗らかに 春の曲  舞え 軽やかに 春の舞  伸びよ おおらかに 真っ直ぐに  春は 四月は 我らのものだ  この躍動する詩の作者は、誰であろうか。我らの師・戸田城聖先生であった。  数学の天 …

no image

〈社説〉 きょう白蓮グループの日 2019年7月8日

〈社説〉 きょう白蓮グループの日 2019年7月8日 自身の舞台で“使命の華”を爛漫と  女子部・池田華陽会の先頭を走る白蓮グループがきょう8日、「グループの日」を迎えた。  1957年(昭和32年) …

no image

9月1日は「牙城会の日」 誓いの師子ありて 広布は盤石【社説】

 きょう9月1日は「牙城会の日」。会館警備の尊き任務に当たる男子部の人材育成グループ「牙城会」の友が、誓いと前進の原点とする日である。  1963年(昭和38年)の9月1日、木造モルタル造りだった東京 …